お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

Stat Extended Object Support

Statの機能

機能的なセットアップオブジェクトを手動で繰り返し作成する必要は、もうありません。 nbsp;Extended Object Support for Oracle E-Business Suiteで、セットアップオブジェクトの移行が今までになく簡単になりました。

これからは、都合の良いときにセットアップオブジェクトを作成(または再作成)してインスタンス間を移行させることができるようになり、手動でオブジェクトを繰り返し作成するという労力のかかる作業を行わずに済みます。 Statがあれば、開発からQAまでオブジェクトをどのように移行させるか検討する必要がなくなります。 Statのオブジェクトのバージョニングと移行機能によって、組織の各部門(サプライチェーン、人事、財務など)で、nbsp;専用にカスタマイズされた、最もよく使用されるセットアップ・オブジェクト・ライブラリにアクセスできるようになります。nbsp; これらのライブラリを始め、今後さらにさまざまな種類のライブラリリストが利用可能になる予定です。

ライブラリに挙げられていないオブジェクトについてサポートが必要な場合は、Dell Softwareまでお問い合わせください。以下の作業に必要なことを、当社にて確認いたします。

  • ライブラリの新規作成
  • 既存のライブラリへのオブジェクトの追加

nbsp;Extended Object Supportでセットアップオブジェクトを再作成すると、手動の場合と比較して、コストを大幅に削減し、短時間で作成することができます。これにより、生産性が向上し、短期間でnbsp;価値を実現でき、全体的なROIも向上します。

ROI:

項目テンプレートで、簡単にROIを計算してみましょう。
  • 1個の項目テンプレート(IT)の構成時間 = 15分
  • 組織(O)あたりの平均テンプレート数 = 10
  • 中規模サイトあたりの平均組織数 = 10
  • 中規模サイトあたりの平均環境数(E) = 4
  • 1時間あたり(RPH)の平均コンサルタントコスト = 130ドル
Statを使用しない場合の数式:
  • 15分(M) x 10 IT = 150分、つまり2.5時間(H)(開発時間)
  • 2.5 H x 10 O = 25時間(1つの環境の10組織で項目テンプレートを構成する時間)
  • 25 H x 4 E = 100時間(4つの異なる環境の10組織で項目テンプレートを構成する時間)
  • 100 H x 130ドル(RPH) = 13,000.00ドル(Statなし<��項目テンプレートを構成するコスト)

4つの環境の10組織で10個の項目テンプレートを作成して移行するコスト = 約13,000.00ドル

Statを使用する場合の数式:
  • 15 M x 10 = 150分、つまり2.5時間(1つの組織で10個の項目テンプレートを構成する時間)
  • 2.5 H x 10 = 25時間(1つの環境の10組織で項目テンプレートを構成する時間)
  • Statに100個の項目テンプレートをアーカイブ = 10 M
  • Stat/環境に100個の項目テンプレートを移行 = 10 M
  • 10 M x 4 E = 40分
  • 25 H x 130ドル(RPH) = 3,250ドル
  • 10 M + (10 M x 3 E) x 130ドル = 86ドル(概算)
  • Statを使用した場合の合計コスト = 3,336.00ドル

13,000ドル - 3,336.00ドル = 9,664.00ドル(Statの使用で削減できるコスト、74.3 %の節約)

次のステップへ

リソース

データシート

Migrating Oracle Application Setups - The Stat Way
Migrating Oracle Application Setups - The Stat Way

Oracle E-Business Suiteアプリケーションの変更管理要件を簡素化