Statistica

使いやすい高度な分析プラットフォーム

分析に基づく意思決定により、ビジネスを転換します。Statisticaは、分析を利用したイノベーションを推進し、組織全体のビジネス課題を解決します。あらゆる場所に分析を取り入れ、より広範なコミュニティに活力を与えます。Statisticaは次のことを実現します。

  • 異機種混在型のデータ環境の活用
  • エッジスコアリングでInternet of Things(IoT)の幅広い分析要件に対応
  • 民間のデータサイエンティストに合理化されたデータ準備と分析ワークフローを提供し、より優れた使いやすさと効率性の向上を実現
  • あらゆるソースの各種データを分析し、組織全体で優れた意思決定を促進

機能

Statisticaを使うと、合理化されたデータ準備、ネットワーク分析と強力なデータ可視化、データベース内分析、集合知、革新的なエッジスコアリングなどの機能を利用できます。

簡素化されたデータ準備

民間のデータサイエンティスト向けに、ワークフローを合理化します。非技術系のユーザー向けに設計されたツールで、構造化データと非構造化データの準備を簡素化します。専門家が分析モデルとワークフローを一度に構築できるようにし、非技術系のビジネスアナリストがそれらのワークフローテンプレートを、組織内で繰り返し再利用できるようにします。

ネットワーク分析と強力なデータ可視化

複雑なネットワーク内の関係性(人、プロセス、契約、ネットワーク、部品など)を検出して把握します。Statisticaのネットワーク分析機能により、ユーザーが予測可能な分析と人間の持つ専門知識を組み合わせることができます。堅牢なデータ可視化ツールの完全スイートで、組織内の全データから知見を収集します。

IoT分析用エッジスコアリング

あらゆるエッジデバイスまたはゲートウェイで「分析の原子」を展開します。分析ワークフローをデータが作成されたネットワークのエッジで直接実行することで、ほぼすべてのIoT分析ユースケースに対応します。すべてのIoTデータをストリーミングする必要がなく、エッジで迅速なアクションを実行できます。

データベース内分析 (NDAA)

Native Distributed Analytics Architecture(NDAA)で、Hadoopクラスタ、データベースアプライアンス、およびその他のハイパフォーマンスプラットフォームの処理能力をさらに高めます。ネットワークトラフィックを削減し、現在データが存在している場所で処理を実行できます。

集合知

内部分析ワークフロー内で、外部分析を統合します。モデル向けのアプリマーケットを利用します。内部のモデルとデータの収益化、または外部のモデルのインポートを行います。Algorithmia、Azure ML、Expert Modelsなどからモデルをインポートし、R、Python、Sparkなどのオープン・ソース・テクノロジを活用します。単一のワークフローでこれらに接続し、インタラクションとコラボレーションを推進します。

関連項目

民間データサイエンティストの一日
民間データサイエンティストの一日

新しいStatistica 13.1により、チーム全員がデータのエキスパートになる様子をご覧ください。

冷蔵庫、レーシングカーおよびロボット
冷蔵庫、レーシングカーおよびロボット

冷蔵庫、レーシングカーおよびロボット

テクニカルWebキャスト: 5年生向けのデータマイニング
テクニカルWebキャスト: 5年生向けのデータマイニング

テクニカルWebキャスト: 5年生向けのデータマイニング

エッジで実施される分析
エッジで実施される分析

エッジで実施される分析

ビッグデータ経済: データ分析で競争に勝利するには
ビッグデータ経済: データ分析で競争に勝利するには

ビッグデータ経済: データ分析で競争に勝利するには