Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Foglight Evolveコンテナ管理

IT環境全体のコンテナの高性能な管理および監視

New container monitoring capabilities in Foglight Evolve 03:03

コンテナを使用したアプリケーション導入の最新化は、Foglight Evolveを使用することで非常に簡単になります。 この高性能なソリューションは、物理/仮想/クラウド環境のコンテナおよびそのホストのリアルタイム分析および履歴分析を行い、コンテナの導入時に最適な選択を行うために必要なコンテナ監視指標を提供します。

主なメリット

コンテナの使用を簡素化する
コンテナのパフォーマンスを最適化する
共通のツールセットを維持してコンテナをコンテキストで表示する

コンテナをスムーズに管理

多くのIT組織は、コンテナの使用を通じてアプリケーションの導入と管理を最新化し、「クラウド設計」することを目指しています。 このソフトウェアの標準ユニットではコードとすべての依存関係がパッケージ化されるので、アプリケーションを素早く導入し、必要に応じてスケーリングし、オンプレミスからパブリッククラウドに確実に移行することができます。 Foglight Evolveを使用することで、コンテナ化のオンボード、操作、サポートをスムーズに行うことができます。
コンテナ管理の簡素化

コンテナ管理の簡素化

Foglight Evolveでは、物理/仮想/クラウド環境にわたって、コンテナとそのホストのリアルタイムと履歴の分析を提供するため、コンテナの使用が非常に簡単になります。 このコンテナ管理ツールはパフォーマンスのボトルネック、不良コンテナ、オーケストレーションレイヤ内の問題を特定します。
推測の時間を排除

推測の時間を排除

Foglight Evolveは、サポートするインフラストラクチャとの関連情報を含めてコンテナデータを保持します。 この特有のアプローチでは、コンテナの計算とストレージプラットフォーム内の競合で通常必要とされるトラブルシューティングの時間と推測作業が排除されるので、インフラストラクチャチームはコンテナ技術をより簡単に取り入れることができます。
共通のツールセットを確保

共通のツールセットを確保

DevOpsから通常必要とされる連携とデータ共有は、異種ツールを使用することによって影響を受けることがよくあります。 Foglight Evolveは、インフラストラクチャとアプリケーションのITスタッフに共通のツールセットを提供し、コンテナをサポートするインフラストラクチャとの関連情報を含めてコンテナを閲覧できるようにします。 Foglight Evolveを使用すると、リアルタイムおよび履歴の共有計算パフォーマンスの指標を通じて最適なコンテナパフォーマンスを確保できます。

機能

リモートAPIを介してインベントリ、インフラストラクチャ、OS、ホスト、クラスタ、ノード、ポッド、およびオーケストレーションのデータを収集します。 また、基盤となるクラウドIaaSまたはオンプレミスのハイパーバイザからもデータを収集します。

Docker Swarm監視

すべてのDockerコンポーネント、クラスタ、ホスト、およびコンテナのほか、サポートする物理/仮想/クラウドインフラストラクチャからデータを収集します。

依存関係のマッピング

Foglight for Virtualizationと併用すると、仮想マシンとコンテナの両方の正確なパフォーマンス指標を取得できます。 サポートするインフラストラクチャがコンテナのパフォーマンスに��響を及ぼしている場合、問題を分離することができます。

コンテナのヒートマップ

リソース(コンテナ、クラスタ、およびホスト)のリアルタイムおよび履歴の使用状況を表示するので、リソースの大量消費の排除が簡単になります。

コンテナの散布図

収集した指標全体でDockerのホスト、クラスタ、コンテナを3次元でピボットすることが可能です(例:「高CPUおよび高メモリのコンテナを検索し、高出力ネットワークトラフィックのコンテナをカラーコードする」)。

仕様

  • Windows Server(2003、2008 R2、2012、2012 R2、2016)
  • Linux(Cent OS、RH Ent、Oracle、SUSE、Ubuntu)
  • Foglight Management Server
  • vCPU x 4
  • 6 GBのメモリ
  • 120 GBのディスクストレージ
  • VMware: VirtualCenter(VCMS)2.5.x、vCenter ServerとvSphereバージョン6.x以下、vCloud 5.5とView 5.0以上、VMware Cloud on AWS
  • Microsoft Hyper-V: Windows Server 2008 R2以上
  • Kubernetes: バージョン1.7~バージョン1.12
  • Docker Swarm: Docker Engine、CE、EE 17.03
  • AzureクラウドインスタンスVM(ARM)
  • AWS EC2インスタンス
  • 以下を含むクラウドKubernetesサービス:
    • Azure Kubernetes Service(AKS)
    • Amazon Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)
    • Google Kubernetes Engine(GKE)
    • IBM Cloud Kubernetes Service

リソース

Planning migration to VMware Cloud with Foglight for Virtualization
データシート
Planning migration to VMware Cloud with Foglight for Virtualization
Tech company expects to save $1.4 million by optimizing VMs
導入事例
Tech company expects to save $1.4 million by optimizing VMs
Tech company expects to save $1.4 million by optimizing VMs
Dell's infrastructure engineering and operations (IEO) team is responsible for managing all of Dell IT's VMs — more than 22,000 of them. These VMs are distributed across 16 virtual centers and nearly 1,200 ESX hosts. Most are on Windows, but some are on Linux. To manage and optimize this large
導入事例を読む
Disaster Recovery’s Just the Beginning
ホワイトペーパー
Disaster Recovery’s Just the Beginning
Disaster Recovery’s Just the Beginning
ActualTech explains how deep insight into your IT infrastructure at all layers makes it possible to anticipate problems, so you can take action before disaster strikes. Download this report today.
ホワイトペーパーを読む
Downtime Costs How Much? Calculating the Business Value of Disaster Recovery
電子書籍
Downtime Costs How Much? Calculating the Business Value of Disaster Recovery
Downtime Costs How Much? Calculating the Business Value of Disaster Recovery
This eBook provides ideas on how to quantify the value of disaster recovery to the business.
電子書籍を読む
9 Steps to Disaster Recovery Planning
電子書籍
9 Steps to Disaster Recovery Planning
9 Steps to Disaster Recovery Planning
In this e-book, we start by highlighting the top business threats, and then offer nine steps you can implement to build a business oriented DR plan
電子書籍を読む
One Identity UNITE 2023 Miami
イベント&セミナー
One Identity UNITE 2023 Miami
One Identity UNITE 2023 Miami

One Identity UNITE User and Partner Conference is where customers, partners, prospects and product experts drive identity security strategy and product development into the future. 

Join us this spring in Miami for an agenda and speaker roster that will help your organization accelerate identity security and strengthen your overall cybersecurity posture.

イベントに参加する
One Identity UNITE Miami 2023
イベント&セミナー
One Identity UNITE Miami 2023
One Identity UNITE Miami 2023

One Identity UNITE User and Partner Conference is where customers, partners, prospects and product experts drive identity security strategy and product development into the future.

Join us this spring in Miami for an agenda and speaker roster that will help your organization accelerate identity security and strengthen your overall cybersecurity posture.

イベントに参加する
One Identity UNITE Madrid 2023
イベント&セミナー
One Identity UNITE Madrid 2023
One Identity UNITE Madrid 2023

One Identity UNITE User and Partner Conference is where customers, partners, prospects and product experts drive identity security strategy and product development into the future. 

Join us this fall in Madrid for an agenda and speaker roster that will help your organization accelerate identity security and strengthen your overall cybersecurity posture.

イベントに参加する