Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Edition

Active Directoryをバックアップし、フォレスト全体にわたり、属性、オブジェクト、ディレクトリ、およびオペレーティングシステムレベルで迅速に回復します。ランサムウェアは、どの組織にも存在する明白なリスクです。 攻撃を受けたら、何よりもまずADを復元する必要があります。 Quest® Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionを使用すると、あらゆる災害に備え、ADを迅速に回復できます。

Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Edition
Prepare and Recover from any Active Directory catastrophe 02:02
ミスや障害、災害などは次々起こります。 どれも予測は不可能で、避けようはありません。 Active Directoryがランサムウェアなどのサイバー攻撃に襲われ、ドメインコントローラーのオペレーティングシステムが壊滅的な被害を受けた場合は、1分1秒を争います。 自動化されたサイバーレジリエンス計画を立てておらず、リカバリプロ��スに柔軟性やオプションがなければ、ADを中心とした攻撃が発生した瞬間に業務が止まってしまうおそれがあります。 Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionを使用すると、Active Directoryを簡単にバックアップでき、ビジネス継続性計画のニーズに合わせて複数のリカバリオプションを利用できます。 いわばお使いのADにとって、なくてはならない保険のようなものです。

69 %

2020年にランサムウェア攻撃を受けた割合

8 %

身代金の支払いにより、データをすべて取り戻せた割合

21日間

ランサムウェアによる平均ダウンタイム

主なメリット

リカバリを迅速化

ADフォレストのリカバリプロセス全体を、MicrosoftのADフォレストリカバリのベストプラクティスに概説されている40以上の手順を含めて自動化します。

柔軟なリカバリオプション

Active DirectoryをクリーンOSに復元する方法や、Microsoft準拠のベアメタルリカバリなど、リカバリ方法に柔軟性と選択肢があります。

一元管理

各部門の担当チーム任せにすることをやめ、AD管理者がリカバリプロセスを詳細に管理することで、時間とリソースを節約できます。

自動ディザスタリカバリのテスト

ディザスタリカバリの計画全体を自動で文書化します。バーチャル・テスト・ラボを使用することで、高まる脅威に対応でき、信頼性を確保できます。

機能

柔軟なリカバリオプション

段階的なリカバリ、クリーンOSへの復元、ベアメタルリカバリなど、状況に応じて最適なActive Directoryのディザスタリカバリ方法を選択できます。 クリーンOSへの復元は、物理マシン、オンプレミス仮想マシン、クラウドサービスでホストされているVMを問わず、どのマシンでも実行できます。 Recovery Managerにはマルウェア自動検出機能も備わっており、回復したDCにファイルが再感染するリスクを最小限に抑えることができます。

段階的なリカバリ

Active Directoryをバックアップした後、段階的なリカバリアプローチを実装することで、リカバリプロセスをより適切に制御できます。 重要なサービスのリカバリ作業を先に始められるように、ドメインコントローラーのリカバリ順序に優先順序をつけて、 重要度の低い場所のリカバリは後回しにすることができます。

マルウェアの検知

ADディザスタリカバリのプロセスを通じて、マルウェア再感染のリスクを排除します。 統合されているMicrosoftのDefender機能を利用して、バックアップファイル作成後、アップデート追加の保存中、および復元開始前に、ウイルスに感染していないかファイルを定期的に確認して安全性をさらに高めます。

オペレーティングシステムのリカバリ

ドメインコントローラーのオペレーティングシステムを単独で迅速に復元できます。 Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionは、ダウンタイムを削減し、ユーザを迅速に業務に戻すことに大きく役立ちます。

バーチャル・テスト・ラボ

Active Directoryをバックアップした後、本番用データを使用してフォレストテスト用の独立したバーチャルラボを構築することで、ADディザスタリカバリ計画の実演と検証を行うことができます。これにより、災害時シナリオをテストし、本番環境で変更を加える前に安全にテストを行えます。 リカバリプロセスについて、リカバリ前後の組織の状態や、各ドメインコントローラーに適用されたアクションを含む、タイムスタンプ付きの詳細なレポートを自動で生成できます。

オンラインでのきめ細かな復元

オブジェクト自体が削除されていない場合でも、各属性(アカウント設定、グループのメンバーシップ、バイナリ属性など)を個別にリストアできます。 これにより、ドメインコントローラーを再起動することなく、目的の属性だけをリストアできます。

比較レポートの作成

ADのオンライン状態とバックアップとを比較したり、複数のバックアップを比較したりすることによって、前回のバックアップ以降に行われた変更をハイライトできます。 削除または変更されたオブジェクトや属性を素早く特定でき、リカバリを迅速に行えるようになります。 さらに、Change Auditorを使うことで、変更を行ったユーザを簡単に特定できます。

回復コンソールのフォールトトレランス

Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionを使用すると、永続的な設定データを回復コンソールの複数のインスタンス間で共有することで、前回の回復処理が予期せず中断された場合でも迅速に再開することができます。

ADの管理と正常性の検証

DCのアクセス性、レプリケーション、信頼性、ユーザ認証を調べることで、ADで潜在的な問題の兆候が現れていないかを検査し、障害の発生を防ぎます。

リカバリのロードマップ

Active Directoryをバックアップした後、リカバリプロセスの詳細なレポート(リカバリのすべての段階の概要を含む)を作成することで、プロジェクト全体の理解を深め、より詳細に制御することが可能になります。

AD/Azure ADのハイブリッド環境のリカバリ

Azure AD Connectを使用したハイブリッドAD環境を運用している場合でも、同期されていないクラウドサービス専用の属性やオブジェクトが存在する場合でも、オンプレミスのADとAzure ADの両方の可用性と整合性を保護することが重要です。 Quest On Demand Recoveryでは、単一のリカバリダッシュボードを使用して、ハイブリッドのオブジェクトとクラウドサービス専用のオブジェクトの区別、本番用バックアップとリアルタイムバックアップの比較レポートの作成、オンプレミスとAzure ADを問わないすべての変更の復元を行うことができます。

IT Security Searchとの統合

IT Security Searchを使用して、変更されたADオブジェクトを変更前と変更後の値を含めて見つけ出し、数回クリックするだけで以前の状態にリストアできます。

ツアー

柔軟なリカバリ方法
ベア・メタル・バックアップ
マルウェアの検知
進捗状況の監視
リカバリ・プロジェクト・プラン
柔軟なリカバリ方法

柔軟なリカバリ方法

Microsoft対応のベアメタルリカバリやクリーンOSへのActive Directoryデータの復元など、柔軟なリカバリ方法です。

仕様

プロセッサー

最小: 1.4 GHz(推奨: 2.0 GHz以上)

メモリ(RAM全体)

最小: 1 Gb(推奨: 2 Gb)

これらの数値は、Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionで管理するActive Directoryドメインのオブジェクト数が100万個以下の場合にのみ適用されます。 オブジェクト数が100万個増えるごとに、RAMサイズを512 MBずつ増やしてください。

ハードディスク容量
  • x86システム
    • 必須ソフトウェアを含むフルインストール: 1.5 GBの空きディスク容量
    • すべての必須ソフトウェアが既にインストールされている場合: 250 MBの空きディスク容量
  • x64システム
    • 必須ソフトウェアを含むフルインストール: 2.7 GBの空きディスク容量
    • すべての必須ソフトウェアが既にインストールされている場合: 260 MBの空きディスク容量

注意: これ以外に、バックアップリポジトリで使用する最低限のストレージ容量として、バックアップ対象のActive Directoryデータベースファイル(Ntds.dit)およびSYSVOLフォルダのサイズに加え、トランザクション・ログ・ファイル用に40 MBが必要です。 Disaster Recovery Editionは、災害発生時にサーバの可用性が失われることを前提としています。 ADデータとサーバ・ディスク・ボリュームのデータのいずれのバックアップも、ドメインコントローラーではない別の場所に保存する必要があります。

ディスプレイ

1,024 x 768以上のSVGA

オペレーティングシステム
  • Microsoft Windows Server 2019
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(Service Packの有無を問わない)
  • Microsoft Windows Server 2012(Service Packの有無を問わない)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2初期構成またはService Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 1またはService Pack 2
  • Microsoft Windows 10
  • Microsoft Windows 8.1(Service Packの有無を問わない)
  • Microsoft Windows 8(Service Packの有無を問わない)
  • Microsoft Windows 7初期構成またはService Pack 1
  • Microsoft Windows Vista Service Pack 2

バックアップ/リストア/比較演算のターゲット

  • Microsoft Windows Server 2019(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2016(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(Service Packの有無を問わない)(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2012(Service Packの有無を問わない)(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2(初期構成)またはService Pack 1(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 1またはService Pack 2(Server Coreインストールを含む)
Microsoft .NET Framework

お使いのコンピュータに、以下のすべてのバージョンがインストールされている必要があります。

  • Microsoft .NET Frameworkバージョン4.5.2以降
Microsoft SQL Serverとそのコンポーネント

Microsoft SQL Server

以下のいずれかのバージョンが必要です。

  • SQL Server 2019(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)
  • SQL Server 2017(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)
  • Microsoft SQL Server 2016(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)

Microsoft SQL Serverのコンポーネント

以下のすべてのコンポーネントが必要です。

  • Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012

Microsoft SQL Server Reporting Services

レポートを表示するために、Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionを、Microsoft SQL Server Reporting Services(SSRS)2012、2014、2016、および2019と統合できます。

Microsoft Windows PowerShell

Microsoft Windows PowerShellバージョン3.0以降

Microsoft Windows Installer

Microsoft Windows Installer 4.5

Microsoft管理コンソール

Microsoft管理コンソール3.0

Change Auditor for Active Directoryとの統合

特定のActive Directoryオブジェクトを変更したユーザの情報を提供するため、Recovery Manager for Active Directoryを、バージョ��6.xから7.0.1のChange Auditor for Active Directoryと統合できます。

���須ソフトウェアがインストールされていない場合は、Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionのインストール前に、セットアッププログラムによって自動でインストールされます。 このリリースパッケージにインストール対象の必須ソフトウェアが含まれていない場合は、自動的にダウンロードされます。

Forest Recovery Agentをドメインコントローラーにインストールする前に、対象のドメインコントローラーが以下のハードウェアおよびソフトウェアの最小要件を満たしていることを確認してください。

プロセッサー

450 MHz以上

メモリ(RAM全体)

256 MB(1 GBを推奨)

ハードディスク容量
  • x86システム: 850 MB以上
  • x64システム: 2 GB以上
ディスプレイ

50 MB以上

オペレーティングシステム

次のいずれかのオペレーティングシステム:

  • Microsoft Windows Server 2019(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2016(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(Service Packの有無を問わない)(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2012(Service Packの有無を問わない)(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2(初期構成)またはService Pack 1(Server Coreインストールを含む)
  • Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 1またはService Pack 2(Server Coreインストールを含む)
必須ソフトウェア

Microsoft Windows Installer 4.5以降がインストールされている必要があります。

サポート対象の仮想化インフラストラクチャ - 要件

Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2012(初期構成)またはService Pack 1

Active Directory Virtual Labコンピュータにインストールされている必要があるソフトウェア:

  • Microsoft SCVMMコンソール(使用するSCVMMバージョンに付属)

Active Directory Virtual Labコンソールによってソースコンピュータにインストールされているソフトウェア:

  • Microsoft SCVMMエージェント

Hyper-Vホストでサポートされているオペレーティングシステム:

  • Microsoft Windows Server 2008/2008 R2
Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2012 R2または2016

Active Directory Virtual Labコンピュータにインストールされている必要があるソフトウェア:

  • Microsoft SCVMMコンソール(使用するSCVMMに付属のバージョン)

Active Directory Virtual Labコンソールによってソースコンピューターにインストールされているソフトウェア。

  • Disk2vhd v2.01ユーティリティ

Hyper-Vホスト用のソフトウェア・オペレーティング・システム:

  • Microsoft Windows Server 2012以降
VMware vCenter/ESX Server 6.5、6.0、および6.7。
  • vCenter Converterをお客様の環境にインストールする際に、クライアントサーバのインストール・セットアップ・オプションを使用する必要があります。
  • vCenter ConverterがActive Directory Virtual Labにアクセスできる必要があります。
プロセッサー

1 GHz以上

メモリ(RAM全体)

512 MB以上

ハードディスク容量
  • x86システム: 850 MB以上
  • x64システム: 2 GB以上
モニタ

1,024 x 768以上のSVGA

オペレーティングシステム

インストール

Recovery Manager Portalは、次のいずれかのオペレーティングシステムが実行されているコンピューターにインストールできます(x86とx64の両方のプラットフォームをサポート)。

  • Microsoft Windows Server 2019
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(Service Packの有無を問わない)
  • Microsoft Windows Server 2012(Service Packの有無を問わない)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1以降
  • Microsoft Windows Server 2008 Service Pack 2以降
Webブラウザ

Recovery Manager Portalへのアクセスには、Microsoft Internet Explorer 8以降を使用できます。

Microsoft .NET Framework

Microsoft .NET Frameworkバージョン4.5.2以降

Microsoft Internet Information Server(IIS)

Microsoft Internet Information Services(IIS)8.5、8.0、7.5、7.0。

Microsoft SQL Serverとそのコンポーネント

Microsoft SQL Serverのバージョン

以下のいずれかのバージョンが必要です。

  • Microsoft SQL Server 2019(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)
  • Microsoft SQL Server 2017(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)
  • Microsoft SQL Server 2016(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)
  • Microsoft SQL Server 2014(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)
  • Microsoft SQL Server 2012(Service Packの有無を問わない)(Enterprise、Business Intelligence、Standard、Express、Web、またはDeveloperの各エディション)

必要なMicrosoft SQL Serverのコンポーネント

  • Microsoft System CLR Types for SQL Server 2012

Password and SIDHistory Recoverability Toolは、現在の環境でMicrosoft Active Directoryのごみ箱が有効になっていない場合にのみ使用できます。

Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Editionは、バージョン9.0.1以降からのアップグレードが可能です。

リソース

データシート

Recovery Manager for Active Directory Disaster Recovery Edition

Complete AD disaster recovery at the object, directory and OS level across the entire forest.
ホワイトペーパー

Be Prepared for Ransomware Attacks with Active Directory Disaster Recovery Planning

Reduce your organization’s risk with an effective Active Directory recovery strategy.
ウェブキャストオンデマンド

Colonial Pipeline Ransomware and MITRE ATT&CK Tactic TA0040

Ransomware attacks are exploiting Active Directory. This security-expert-led webcast explores a 3-prong defense against them.
ビデオ

How Often Should You Test Your Active Directory Disaster Recovery Plan?

Hear from Quest AD DR experts discuss why, how often, and how to test an Active Directory Disaster Recovery plan.
ビデオ

How do you protect against ransomware? We’ll show you.

How does ransomware get into your organization and how do you mitigate the damage? These ransomware experts discuss how.
ホワイトペーパー

How Active Directory Recovery Strengthens Cyber Resilience

Active Directory (AD) is a primary mechanism for authenticating users and accessing data. This report reveals how to strengthen...
テクニカル・ブリーフ

The Varied History of System State Backups and Why You Don’t Need Them for AD Recovery

Learn how Recovery Manager for Active Directory protects your DCs with backups that take less time, occupy less space and incur...
テクニカル・ブリーフ

Preparing for Attacks that Seek Total Annihilation

Defending your IT infrastructure against attack has never been a simple task. But things have taken a decidedly ugly turn of late:...

今すぐ開始する

ADへのいかなる災害からも迅速に復旧できるよう備えましょう。
Quest Clients Logos
Quest Clients Logos
Quest Clients Logos
Quest Clients Logos
Quest Clients Logos
Quest Clients Logos

サポートとサービス

製品サポート

製品のインストール、設定、トラブルシューティングに、セルフサービスツールをお役立てください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しています。

プロフェッショナルサービス

オンサイトやリモートサイトで提供されている幅広いサービスの中から、お客様のニーズに合ったものをお選びください。