お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

ディスクのイメージ処理

KACE Systems Deployment Appliance、ディスクのイメージ処理とイメージの展開をシンプル化できます。 マルチプラットフォームOSのイメージ処理と展開における、手動でのゴールド・マスター・イメージの作成および保守の作業を減らすことで、より戦略的なITプロジェクトに注力できるようサポートします。

仕組み

K-Image形式により時間と帯域幅を節約
コンピュータおよびサーバーのイメージを簡単に編集でき、イメージを再構築する必要がありません。 シングルインスタンス技術により、ディスクイメージのキャプチャとアーカイブに要する時間、帯域幅、およびストレージを最低限に抑えます。さらに、効率的な状態管理により、冗長なファイル転送を回避し、最新の更新内容のみを元のイメージに適用することで、ディスクのイメージ処理を瞬時に行えます。 KACE SDA のエージェントレス機能により、ベア・メタル・システムからの導入を完全に自動化できます。
展開の信頼性を向上
KACE SDA 仮想リモートアプライアンス、KBE USB、KBE CDなど、使用しているメディアを問わず、あらゆるイメージ、ネットワーク経由のOSインストール、および関連資料を一元展開ライブラリから参照できます。 これによって、不注意で古いディスクイメージやネットワーク経由のOSインストールがシステムに展開されることがなくなるため、展開の信頼性が向上し、貴重な時間の節約にもなります。
プレインストールタスクとポストインストールタスクの自動化
KACE SDA のプレインストールタスクとポストインストールタスクの自動化機能により、1つ1つのマシンを手動で構築する必要がなくなり、時間を節約できます。 KACE SDA のプレインストールタスクでは、ディスク、RAID、BIOSの構成を自動で行います。一方、ポストインストールタスクでは、sysprepの自動化、ドメインへの参加、サービスパック、アプリケーション、およびスクリプトの展開を行います。
複数のユーザープラットフォームをサポート
KACE SDA のファイルベースのイメージ処理形式は、WindowsとMacの両方のプラットフォームに対応しています。 KACE SDA のWebベースのコンソールから、リモート・ディスク・イメージを簡単に自動化できます。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約