お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

システムのイメージ処理と導入

Windows®およびMac®でのディスクのイメージ処理とイメージの導入を簡素化します。 マルチプラットフォームOSのイメージ処理と導入における、手動でのゴールド・マスター・イメージの作成および保守の作業を減らすことで、より戦略的なITプロジェクトに注力できるようサポートします。

自動での導入、イメージの保存および管理が、一元展開ライブラリにアクセスすることでより簡単になります。このライブラリには、イメージ、スクリプト形式のインストール、ドライバ、アプリケーション、スクリプトなど、システムおよびソフトウェアを導入するためのあらゆる資産が保管されています。 該当システムに常に正しいイメージやセットアップが導入されるようにするため、プロビジョニングの一貫性と信頼性が向上します。 すべてのイメージがキャプチャおよび保存されるので、正確な全体像を得ることができます。 

仕組み

一元化および無人で実行できるイメージ導入
KACE Systems Deployment Applianceの一元管理ライブラリからネットワークで保存されたイメージをプロビジョニングすることにより、ベアメタルの構築でさえも、導入に必要な時間と労力が軽減され、ブートディスクとイメージディスクが不要になります。 構築済みパッケージをWebベースの管理コンソールからネットワーク接続のシステムにリモートで導入、またはKACE SDAが生成するブートメニューからローカルに導入します。
K-Image形式
コンピュータおよびサーバーのイメージを簡単に編集でき、イメージを再構築する必要がありません。 シングルインスタンス技術により、ディスクイメージのキャプチャとアーカイブに要する時間、帯域幅、およびストレージを最低限に抑えます。さらに、効率的な状態管理により、冗長なファイル転送を回避し、最新の更新内容のみを元のイメージに適用することで、ディスクのイメージ処理を瞬時に行えます。 KACE SDAのエージェントレス機能により、ベア・メタル・システムの構築を完全に自動化できます。
導入の
あらゆるイメージ、ネットワーク経由のOSインストール、および関連資料を一元展開ライブラリから参照できます。 これによって、不注意で古いディスクイメージやスクリプト形式のインストールがシステムに導入されることがなくなるため、導入の信頼性が向上し、貴重な時間の節約にもなります。
USBとCDのサポート
ローカルのUSBドライブまたはCDのKACEブート環境(KBE)からリモートシステムを簡単に起動できます。 この機能により、一元管理されたKACE SDAまたはKACE SDAリモート・サイト・アプライアンスに接続して展開ライブラリのすべてにアクセスし、ターゲットシステム上で定義済み導入タスクを実行できます。 この便利なオプションは、KACE SDAにアクセスできない場合や、KACE SDAリモート・サイト・アプライアンスの導入が実行できない場合でも実装することが可能です。 信頼できるインターネット接続が使用できない場合、USBドライブにKBEとK-Imageを一緒に組み込み、完全なスタンドアロン環境でインストールします。
導入構成の自動化
完全な導入ライフサイクルを自動化する、導入前と導入後のタスクのための完全なリモート構成により、IT業務が軽減され正確性が向上します。 独自のプレインストールタスク/ポストインストールタスクを作成したり、便利なビルトインタスクを利用したりして、導入の自動化を簡単にすることもできます。
ハードウェアに依存しない導入/イメージ処理
KACE SDAを使えば、全部のPCのプロビジョニングが簡単に行えるため、ネットワーク全体でのオペレーティングシステムのインストールをシンプル化し、時間を節約できます。 ソフトウェアをリモートでインストールし、異なるハードウェアプラットフォーム間でゴールド・マスター・イメージを最新に保ちます。 また、特殊な用途で使用するワンオフのコンピュータのプロビジョニングを、既存のイメージで行うことができます。 KACE SDAには、ネットワーク経由によるスクリプト形式のOSインストール機能が搭載されています。この機能により、ネットワーク上で白紙の状態からWindowsの標準セットアップを導入することで、ハードウェアに依存しないPCプロビジョニングが可能になります。 
Windowsドライバライブラリ
すべてのハードウェアおよびオペレーティングシステムに対し、適切なドライバを素早く探します。 ドライバ検出プロセスで、指定のオペレーティング・システム・インストールとドライバとの互換性を検証します。 ドライバファイルをドライバライブラリに追加するのも、ドライバライブラリから削除するのも簡単です。 ネットワーク上にある既知の有効なシステム用のドライバはすべて、迅速にKACE SDAにアップロードされます。
ドライバアップデート
KACE SDAには、デルのドライバを直接インポートしたり他のベンダーのドライバをキャプチャしたりするツールが用意されているため、インターネットでドライバを探す必要がなくなる上、どのようなOSを導入する場合でもそれに適したドライバを入手できるようになります。 KACE SDAのドライバフィード機能がドライバをダウンロードして、コンピューターのモデルに応じて適用します。
ドライバの自動スリップストリーミング
適切なドライバが自動的に追加されるため、イメージの導入とスクリプト形式のインストールが簡単に行えます。 導入を行う前に、事前に構築されたKACE SDAの膨大なドライバライブラリに必要なドライバがすべて存在するかどうかを迅速に検証し、不足しているドライバがあればライブラリへ円滑に追加して、導入時に自動的に組み込むことができます。 ドライバ検証レポートの作成とドライバのアップデートの自動スリップストリーミングによって、システムの信頼性が向上し、導入が簡単に行えます。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約