お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

KACE システム導入アプライアンスの強力な展開自動化ツールを利用すると、業務時間外に自動で展開作業を実行できます。 KACE Systems Deployment Applianceは従来のイメージ展開ツールとは異なり、展開タスクの順序を簡単に制御できるため、スムーズに展開して再起動することができます。 ターゲットデバイスの状況に応じてKACE SDA サーバーをリアルタイムでアップデートできるため、管理は万全です。 例えば、コンピューターラボ全体のイメージの再作成スケジュールを午前2時に設定しておけば、翌朝の業務開始時に、展開が成功したマシン、失敗したマシン、失敗の理由を一目で把握できます。

仕組み

タスク・シーケンス・エンジン

KACE SDAに搭載されたタスク・シーケンス・エンジンは、 KACE SDAサーバーと展開対象のシステム間での双方向通信を可能にし、各デバイスの展開作業の進捗をリアルタイムで簡単に制御、追跡することができます。 イメージの展開から再起動までと、展開後のアプリケーションのインストールなど、展開の各段階が正しいタスクシーケンスで適切に処理されていることがよく分かり、安心できます。

 KACE SDAに搭載されたタスク・スケジューラ・エンジンを使うと、展開の開始を遅らせて、処理を自動化することができます。  KACE SDAのタスク・シーケンス・エンジンと組み合わせて使えば、大量のデバイスへの展開を業務時間外に行うよう、簡単にスケジュール設定できます。

フィードバックエンジン
 KACE SDAに搭載されているフィードバックエンジンから、すべての展開に関する、シンプルかつ簡潔で一元化されたログ記録を取得できます。 展開の完了後すぐに、展開の成功と失敗に関する情報を入手できます。 失敗の正確な発生箇所を簡単に特定できるので、迅速なトラブルシューティングが可能です。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約