お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

Windowsのユーザープロファイルの管理

ユーザー固有のファイルと設定をオペレーティングシステムおよびアプリケーションと共に自動で展開することにより、合理的に移行を実行でき、重要な情報を失うリスクをほぼ排除することができます。 KACE Systems Deployment Applianceのユーザープロファイル管理機能を使って、移行の際に転送するデータを正確に指定できます。 ユーザーが新しいコンピューターまたはイメージを新たに作成し直したコンピューターを初めて起動したときに、古いコンピューターまたはオペレーティングシステムからすべての必要な情報およびアプリケーションの設定が転送されます。

KACE SDAを使用すれば、ユーザーのダウンタイムが最小限に抑えられるため、所要時間が短縮され、OSをよりスムーズに移行できます。また、展開中に重要な情報を失うリスクが軽減され、コストも削減できます。

仕組み

直感的なグラフィカルインターフェイス
KACE SDAのUser State Migrationツールのインターフェイスを使えば、日々のタスクを簡素化でき、高額で時間のかかるトレーニングが不要になります。 KACE SDAの直感的なユーザーインターフェイスでは、ボタ<��をクリックするだけでユーザープロファイルの取り込みやロードを実行できます。複雑なコマンドライン構文を学んだり覚えたりする必要がなく、あらゆるレベルの管理者が素早く利用できます。
一元的なユーザープロファイル管理
収集されたすべてのユーザープロファイルは、KACE SDAの一元展開ライブラリに保存されます。ユーザーは使いやすいグラフィカルなメニューから、スクリプト形式のインストールまたはイメージと共に、導入する該当ユーザープロファイルを素早く確認することができます。 1台のコンピューターを1人のユーザーが使用するか、複数のユーザーが使用するかにかかわらず、KACE SDAを使用すれば簡単にプロビジョニングを実施できます。
移行テンプレート
移行テンプレートを使うと、移行するデータタイプやその他のリソースを簡単に指定できるため、時間を節約できます。 ファイルタイプ(サウンドファイルやビデオファイル)ごとにアイテムを除外したり、ユーザーフォルダの特定部分(共有ミュージックフォルダや共有ピクチャフォルダ)を除外したりすることも可能です。
オフライン移行
プレインストールタスクを使用すれば、先に古いOSのコンピューターを起動することなしにオフラインでデータを移行できるため、新しいOSを合理的に展開できます。 該当する移行テンプレートを選択するだけでファイルと設定をリカバリでき、OS展開が完了するとユーザーを自動的に復元することができます。
シームレスな移行
KACE SDAのユーザープロファイルの移行では、ユーザー固有のファイルと設定をオペレーティングシステムおよびアプリケーションと共に簡単に展開できるため、この重要なデータが失われるリスクを軽減することができます。 移行テンプレートを使用すれば、転送するデータを正確に指定できるため、ユーザーは特定のタイプのデータ(個人的なミュージックファイルやビデオファイルなど)を会社のコンピューターに保存することを禁じるコンプライアンスポリシーを遵守できます。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約