お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

ソフトウェアライセンス管理

KACE システム管理アプライアンスが備えているインベントリ機能、資産管理機能、レポート作成機能により、ソフトウェアライセンスの最適化およびコンプライアンスを簡単に実現できます。  KACE SMAでは、購入済みライセンスの最適な利用やライセンスの回収を含む実用的なソフトウェア資産管理(SAM)により、組織のコスト削減を実現できます。さらに、包括的なレポート作成機能により、コンプライアンスの証明に関するニーズに対応可能です。 KACE SMAを使用すると、自動検出されたソフトウェアに対するソフトウェアライセンスの割り当てと調整が可能になり、ライセンス契約の条項を確実に遵守できます。

仕組み:

ソフトウェアインベントリ
KACE SMAは、環境内のWindows、Mac、Linux、UNIXシステムに関する詳細なソフトウェアインベントリを提供します。Microsoft App-Vを使用してインストールされたアプリケーションのインベントリも含まれます。バージョンの急増、命名と追跡メカニズムの不統一、複雑化するライセンス構成が原因となり、ソフトウェアライセンスの追跡は困難になっていますが、インベントリをApplication Catalogと照合すれば追跡の役に立ちます。
アプリケーションカタログ
アプリケーションカタログには4億900万以上のソフトウェアエントリが含まれており、アプリケーションのバージョン、別名、標準化された発行元名、アプリケーションの分類などの情報が備わっています。そのため、アプリケーションがスタンドアロンモードでインストールされているか、大規模なソフトウェアスイートの一部としてインストールされているかを、KACE SMAで識別できます。また、リテールライセンスとOEM購入ライセンスを区別することも可能です。KACE SMA とアプリケーションカタログの統合により、正確かつ確実にソフトウェア資産を検出、追跡、管理でき、ライセンスの使用を最適化して、コンプライアンスを実現できます。
ソフトウェア資産管理(SAM)と使用率の測定
KACE SMAには多数のSAM機能も備わっており、一般提供状況、有効期限、およびメーカー希望小売価格の情報を表示することによって、ソフトウェア・ライセンス・コンプライアンスの維持や、未使用または十分に活用されていないアプリケーションの収集が可能で、ボリューム購入に関する交渉を効果的に進められるようになります。 ソフトウェア資産グループを定義し、関連ライセンスをインストール件数と照合して追跡することが可能です。 アプリケーションの今後のバージョンの追跡や、インストール済みライセンス数の監視は、アップグレード/ダウングレード権限の規定を含むレベルで、新しいバージョンが使用可能になった場合も実行できます。 これは、ソフトウェアライセンス契約の管理に不可欠な機能です。 また、ソフトウェアの使用率を追跡し、ライセンスを収集することもできます。その際には、使用していないソフトウェアをシステムからアンインストールし、必要としている別のユーザーにソフトウェアとライセンスを移行するか、次回のベンダー購入契約からそのライセンスを削除します。
ソフトウェアのブラックリスト登録と未許可のソフトウェアの除去
KACE SMA を使用すると、ゲームや既知の脆弱性があるアプリケーションなどの望ましくないアプリケーションを、ワンクリックでブラックリストに登録できます。 KACE SMA はエンドユーザーのシステム上でそれらのアプリケーションを実行できないようにして、未許可のソフトウェアがもたらすセキュリティ脅威や生産性への影響を排除します。 また、レポートを実行して未許可のアプリケーションを検出し、簡単にアンインストールすることもできます。

リソース

データシート

KACEシステム管理 アプライアンス
KACEシステム管理 アプライアンス

包括的で使いやすいソリューションにより、すべてのエンドポイントを管理

無料インベントリツール
無料インベントリツール

Windowsのハードウェアとソフトウェアのインベントリ