Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Gartnerがクラウドオフィス移行ツールの2019マーケットガイドでQuestを代表的なベンダーと言及

M&Aや子会社売却、および組織がクラウドベースのコラボレーションサービスのメリットを活用しようとする動きに伴い、クラウドオフィスの移行の規模とボリュームが急激に拡大しています。

Gartnerが発表した『クラウドオフィス移行ツールの2019マーケットガイド』には、サードパーティの移行ツールの評価すべきポイントが簡単に紹介されており、移行に関する責任者の不安を取り除き、コラボレーションサービスのメリット実現にきっと役立つでしょう。

多くのガイド同様にQuestは、Microsoftプラットフォームの移行および統合ポートフォリオの機能を支えるクラウドオフィス移行ツールの代表的なベンターとして今回も名前が挙がっています。Office 365の移行、管理、およびセキュリティソリューションの頼れるエキスパートとしてQuestが選ばれたことは光栄です。

この新しいGartnerのマーケットガイドを読むメリット:

  • Questが、クラウドオフィス移行ツールに求められる基本的な機能と特長40個中40個すべてを満たす唯一のベンダーであることが確認できます
  • クラウドオフィス移行ツールマーケットの主な特徴とトレンドを把握できます
  • 移行の詳しい検討、市販のサードパーティ移行ツールを使用するメリットとデメリットの徹底比較、および移行後のツールの活用方法に関するアドバイスを得られます