大惨事に至る前に 内部関係者による 脅威を発見する方法

今日、多くの組織は、攻撃者をネットワークに入れないようにするために何百万ドルもかけて境界を強化しています。しかし、すでに中に入り込んでいる悪意のあるユーザには十分な注意を払っていません。事実、内部関係者による脅威はサイバーセキュリティ攻撃の60パーセントを占めているため、無視するわけにはいきません。しかし、内部関係者による脅威を見つけることは、特にルールベースのアプローチに頼る場合、言うほど簡単ではありません。最初の週が終わるころには、誤検出を調べるだけで疲れ切ってしまいます。しかし、ご心配には及びません。私たちがサポートします。

このe-bookでは、Change Auditor Threat Detectionなどのユーザ行動ベースの手法を用いて検知を行うソリューションを使うと組織に大惨事を引き起こす前に内部関係者による脅威を見つけられる可能性が高まる理由について説明します。各種の方策を使用して悪意のある内部関係者を捕捉できるだけでなく、ルールベースの検出手法にありがちな膨大な量の誤検出で時間を無駄にすることもなくなります。

無料の電子書籍のダウンロード