Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

KACE Service Desk

あらゆる規模のIT組織にとって完全なチケット管理ソリューションです。ITチームは、ユーザの生産性を向上させつつ、問題に優先順位を付け、追跡して管理し、解決するための支援を必要としています。 KACE®サービスデスクは、エンドユーザがナレッジベースを読んだり電話やEメールやWebポータルでサービスを要請したりして、自分自身でトラブルシューティングを行えるセルフサービス機能を提供します。 高性能な検出およびレポート作成ツールが統合されているため、ネットワーク上のすべての資産について価値あるインサイトが得られ、ITの負担が軽減されます。

KACEサービスデスク

主なメリット

完全なチケット管理

包括的で使いやすい単一のコンソールからすべてを管理します。

ツールのカスタマイズ

ソリューションのあらゆる側面を調整し、お客様のITニーズに合わせます。

成長に応じた拡張性

ITチームの成長に応じて機能を追加できます。

ガイド付きのセルフサービス

ユーザの自立を促し、ITチームへの影響を軽減します。

機能

検出およびインベントリ

ITランドスケープのインベントリを構築しながら、ネットワーク上のハードウェアとソフトウェアを検出します。

チケット管理

条件付きでカスタマイズ可能なチケットフィールドで、チケットと必要な詳細をシームレスに管理します。

事前定義されたワークフロー

動的なワークフローのルールとテンプレートを作成して、サービス・レベル・アグリーメントと、コンプライアンスと監査の規制に対応します。

セルフサービスポータル

直感的なポータルで、ユーザが自分で情報を探したり、ソフトウェアをダウンロードしたり、課題を解決したりできるようにします。

レポート作成とメトリックス

パフォーマンスを追跡して、次回のコンプライアンス監査で使用できるようにダッシュボードでカスタムレポートを作成します。

統合

リアルタイムのインシデント管理のために、KACEサービスデスクをKACE Go Mobile Appと組み合わせます。

技術者の無制限アクセス

ソリューションを容易にスケールでき、技術者やエンドユーザ、キューが増えるごとに追加で費用を支払う必要がなくなります。

ツアー

検出およびインベントリ
完全なワークフロー管理
包括的なレポート作成
堅牢なユーザポータル
1つのダッシュボードで、接続されたすべてのシステムとデバイスを検出および管理できます。

検出およびインベントリ

1つのダッシュボードで、接続されたすべてのシステムとデバイスを検出および管理できます。

仕様

仮想KACEシステム管理アプライアンスソフトウェアは、以下の要件に適合する仮想マシンにインストールできます。

プロセッサーおよびメモリ

デバイス

プロセッサー

メモリ

0~1000

CPU x 2

4 GBのRAM

1,000~2,000

CPU x 4

8 GB RAM

2,000~4,000

CPU x 8

16 GB RAM

4,000~8,000

CPU x 16

32 GB RAM

8000~20000

CPU x 24

64 GB RAM

ネットワークインターフェイス

デバイス

ネットワーク・インターフェイス・カード

0~8,000

1ギガビット・イーサネット・ポート

8,000超

10ギガビット・イーサネット・ポート

空きディスク容量

1 TB(最小)/3 TB(大規模環境)

メディア

DVD

サーバーおよびオペレーティングシステム

64ビット

仮想化インフラストラクチャの要件

VMware®インストール環境:

  • VMware ESX®/ESXi™ 6.7以降
  • Open Virtualization Format(OVF)1.0

Microsoft® Hyper-V®インストール環境:

  • Windows Server® 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V
  • Windows Server® 2019 Hyper-V

サポートおよびサービス

製品サポート

製品のインストール、設定、トラブルシューティングに、セルフサービスツールをお役立てください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しています。

プロフェッショナルサービス

オンサイトやリモートサイトで提供されている幅広いサービスの中から、お客様のニーズに合ったものをお選びください。

トレーニングと認定資格

オンライン(Webベース)、オンサイト、仮想インストラクタ主導型などの形式で提供される、トレーニングコースです。