お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

KACE Systems Deployment Applianceシステム導入アプライアンスの強力なマルチキャスト機能を使うと、大規模なシステムのイメージ処理プロジェクトを合理的に進めることができます。 これにより、時間を節約し、スピードと信頼性を高めて、ネットワークのリソースと帯域幅の負荷を軽減できます。

仕組み

複数のシステムへの同時展開
マルチキャスト機能によって、同一のイメージを複数のシステムへ同時に展開できます。これはイメージ作成のパフォーマンス向上にもつながります。 さらに、ブロードキャストネットワーク上のターゲットデバイスとKACE SDAサーバー間の双方向通信を行うことで、マルチキャストにおける信頼性と堅牢性を向上させています。 ステータスの更新や再送信の要求を頻繁に行うことによって、展開が順調に行われているか確認できます。
帯域幅の使用率を削減
KACE SDAによるマルチキャスト機能では、単一のイメージをネットワーク経由で複数のシステムへ一度に送信し、大規模な展開による帯域幅の使用率を(関連するイメージサイズとシステム数に応じて)大幅に削減します。 KACE SDAの強力なタスクエンジンをマルチキャスト機能と組み合わせると、真の意味で業務時間外のソフトウェア配布が可能になるため、業務時間中は、帯域幅の使用率をさらに低減して、ネットワークのパフォーマンスを向上させることができます。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約