Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ネットワーク経由のOSインストールおよび構成

KACE Systems Deployment Applianceを使用して複数のPCを簡単にプロビジョニングすることで、時間を節約し、ネットワーク全体へのネットワーク経由のOSインストールと構成を簡素化します。ソフトウェアをリモートでインストールし、異なるハードウェアプラットフォーム間でゴールド・マスター・イメージを最新に保ちます。既存のイメージを使用して、ネットワーク経由のOSインストールおよび構成を多くのデバイスで同時に実行したり、特殊な用途で使用する個別のコンピュータのプロビジョニングを行ったりできます。KACE SDAのリモートでのオペレーティングシステムのインストール機能を使用すると、ローカルまたはネットワーク経由で標準のイメージを導入することにより、スクリプト形式のインストールやキャプチャされたハードウェアに依存しないシステムのイメージ化が可能になります。LinuxまたはMacを導入する必要はありますか? KACE SDAはこれらにも対応します。

ネットワーク経由のOSインストール

仕組み:

ハードウェアに依存しない展開

KACE SDAのスクリプト形式のインストールを使用して、ネットワーク経由のOSインストールおよび構成を自動化できます。コンピュータのハードウェアの構成にかかわらず、1回のスクリプト形式のインストールで、デスクトップ、ノートパソコン、サーバなどにソフトウェアをリモートでインストールできます。このリモートの無人インストールにより、展開におけるコストと複雑さを減らし、IT部門の貴重な時間を節約できます。スクリプト形式のインストールは、異機種混在のハードウェア環境における信頼できるカスタマイズ可能な展開手段であると同時に、ゴールドマスター構成を効率的に構築し、維持する手段にもなります。また、スクリプト形式のインストールではアプリケーションとファイルを簡単に統合できるため、完全なシステムプロビジョニングを労力をかけずに行うことができます。

インストール時のリモートアクセス

KACE SDAの構成済みのリモート・アクセス・ツールを使用すると、ネットワーク経由のOSインストールおよび構成時にデバイスに接続することができます。この結果、KACE SDAタスクエンジンがネットワーク経由でOSのインストールおよび構成を実行しているときに、必要に応じてデバイスと直接やり取りができます。

プレインストールタスクとポストインストールタスク

スクリプト形式のインストールまたはシステム全体のイメージにより、すべてのネットワーク経由のOSインストールおよび構成タスクを合理化できます。KACE SDAタスクエンジンは、ローカルとリモートの両方のオペレーティングシステムのインストールに使用できます。KACE SDAタスクエンジンは、ディスク、RAID、BIOSの構成を含むプレインストールタスクを行います。一方、ポストインストールタスクでは、sysprepの自動化、ドメインへの参加、およびサービスパック、アプリケーション、スクリプトの展開を行います。もちろん、すべてのニーズに合わせてタスクをカスタマイズしたり、作成したりできます。KACE SDAタスクエンジンを使用すると、ローカルおよびリモートでのオペレーティングシステムのインストールをより包括的に実施することができます。

導入の信頼性が向上

KACE SDA、KACE SDAリモート・サイト・アプライアンス、またはブータブル・リムーバブル・メディアのいずれを使用している場合でも、一元化された導入ライブラリから、ネットワーク経由でのすべてのオペレーティングシステムのインストールおよび構成のイメージと関連資料をすべて参照できます。KACE SDAディスクのイメージ処理ソフトウェアにより、古いディスクイメージやネットワークOSのインストールが不注意でシステムに導入されることがなくなるため、導入の信頼性が向上し、貴重な時間の節約にもなります。

ドライバの自動スリップストリーミング

各セットアップに適切なドライバを自動的に含めることによってドライバをスリップストリームし、ネットワーク経由のOSインストールおよび構成が簡単に行えます。導入前に、必要なすべてのドライバが、KACE SDAの事前構築された膨大なドライバライブラリに存在するかどうかを迅速に検証し、不足しているドライバがあれば、ライブラリに簡単に追加して、導入時に自動的に組み込みます。ドライバ検証レポートの作成とドライバのアップデートの自動スリップストリームによって、システムの信頼性が向上し、導入が簡単に行えます。KACE SDAのディスクのイメージ処理とイメージ導入機能には、一般的なハードウェアメーカーのドライバを直接インポートしたり他のベンダーのドライバを取得するツールが用意されているため、インターネットでドライバを探す必要性が最小限に抑えられ、すべてのOS導入に適したドライバを確実に入手できます。KACE SDAのドライバフィード機能が、コンピューターのモデルに応じてドライバをダウンロードして適用します。

リソース

電子書籍

OS Management, Deployment and Update

Operating systems provisioning and maintenance is a tedious, time-consuming and error-prone task that gobbles up valuable IT ti...
ホワイトペーパー

KACE SDA Offers Quick, Easy Endpoint Security, Deployment & Reimaging

You may have a great endpoint management in place, but still, data breaches, viruses and malware attacks can occur unexpectedly...
データシート

KACE for K-12 Education

Automate OS deployment, driver installation and user state migration.
ホワイトペーパー

Windows 10移行時の 統合エンドポイント管理

このホワイトペーパーをお読みになり、Quest®の統合エンドポイント管理(UEM)がこれらの課題に1つのソリューションでどのように対処するかをご確認ください。 次の知識が得られます。
テクニカル・ブリーフ

What's New in KACE SDA 8.2?

New features in KACE SDA 8.2
ホワイトペーパー

5 Steps to Battle Endpoint Cybercrime with KACE

The Quest unified endpoint management solution, including KACE SMA, helps safeguard all your endpoints, cut IT workloads & adhe...
ホワイトペーパー

Unified endpoint management for Windows 10 migrations

Learn 5 key tasks critical for a successful Windows 10 migration. Windows 10 is here, and it’s ready for deployment to enterpri...
ホワイトペーパー

エンドポイントセキュリティの自動化によるネットワークの保護

エンドポイントセキュリティの自動化によるネットワークの保護