お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

ネットワーク経由のWindows OSインストール

KACE Systems Deployment Appliance、複数のPCのプロビジョニングが簡単に行えるため、ネットワーク全体でのオペレーティングシステムのインストールをシンプル化し、時間を節約できます。 ソフトウェアをリモートでインストールし、異なるハードウェアプラットフォーム間でゴールド・マスター・イメージを最新に保ちます。 また、特殊な用途で使用する個別のコンピュータのプロビジョニングを、既存のイメージで行うことができます。KACE SDAには、ネットワーク経由によるスクリプト形式のOSインストール機能が搭載されています。この機能により、ネットワーク経由でWindowsの標準セットアップを最初から展開することで、ハードウェアに依存しないPCのプロビジョニングが可能になります。

仕組み

ハードウェアに依存しない展開
KACE SDAが搭載しているスクリプト形式のインストール機能を使えば、ネットワーク経由のWindowsインストールを自動化できます。 コンピュータのハードウェアの構成にかかわらず、1回のスクリプト形式のインストールで、デスクトップ、ノートパソコン、サーバーなどにソフトウェアをリモートでインストールできます。 このリモートの無人インストールにより、展開におけるコストと複雑さを減らし、IT部門の貴重な時間を節約できます。 スクリプト形式のインストールは、異機種混在のハードウェア環境における信頼できるカスタマイズ可能な展開手段であると同時に、ゴールドマスター構成を効率的に構築し、維持する手段にもなります。 また、スクリプト形式のインストールではアプリケーションとファイルを簡単に統合できるため、完全なシステムプロビジョニングを労力をかけずに行うことができます。
プレインストールタスクとポストインストールタスク
スクリプト形式のインストールにより、すべてのシステム・インストール・タスクを合理化できます。 KACE SDAのプレインストールタスクでは、ディスク、RAID、BIOSの構成を行います<��一方、ポストインストールタスクでは、sysprepの自動化、ドメインへの参加、およびサービスパック、アプリケーション、スクリプトの展開を行います。
ドライバの自動スリップストリーミング
各セットアップに適切なドライバを自動的に含めることによってドライバをスリップストリームし、ネットワーク経由のOSのプロビジョニングが簡単に行えます。 展開を行う前に、事前に構築されたKACE SDAの膨大なドライバライブラリに必要なドライバがすべて存在するかどうかを迅速に検証し、不足しているドライバがあればライブラリへ簡単に追加して、展開時に自動的に組み込むことができます。 ドライバ検証レポートの作成とドライバのアップデートの自動スリップストリームによって、システムの信頼性が向上し、展開が簡単に行えます。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約