お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

Virtual KACE Systems Deployment Appliance リモート・サイト・アプライアンス(KACE SDA RSA)のリモート管理機能を使用してKACE SDAシステム導入アプライアンスを拡張すると、複数の遠隔地に置かれているシステムの管理にかかる時間を短縮できます。 KACE SDA RSAでは、WANを利用する代わりに、リモートサイトでローカル導入用のネットワーク・ブート・デバイスを使用できます。そのため、ネットワーク帯域幅を節約でき、所要時間が短縮され、メディアおよびシステムの輸送費を削減することができます。

仕組み

KACE SDA RSA
複数の拠点を持つ組織での、管理に伴う時間や煩雑な作業を大幅に軽減します。 KACE SDA管理者のWebベースのコンソールから追加できるKACE SDA RSAでは、さまざまなコンポーネントを同期したり、リモートサイトで導入するイメージをアップロードしたりすることができます。
一元展開ライブラリ
リモートサイトで、イメージとスクリプト形式のインストール、およびその関連資産(ブート環境、キャプチャしたユーザープロファイル、ドライバ、アプリケーション、スクリプトなど)を簡単に展開できます。 変更点のみのスマート同期で資産を自動アップデートすることで、ネットワークへの影響とメンテナンスの労力を軽減します。

リソース

データシート

KACE for K-12 Education
KACE for K-12 Education

最先端のシステム導入アプライアンスにより、時間とコストを節約