お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

KACEシステム管理アプライアンスには、2つの異なる導入オプションが用意されており、組織やITのニーズに合わせてお選びいただけます。 また、KACE SMAをオンプレミスの仮想アプライアンスとして購入し、VMwareまたはMicrosoft Hyper-Vを使用して、お客様のサーバ上で実行することもできます。 ホスティング環境をご希望であれば、お客様独自のデータセンターにあるKACE SMAのホスティングをQuestに任せ、お客様はSoftware-as-a-Service(SaaS)モデルでKACE SMAをサブスクライブすることもできます(サービスとしてのKACE)。

仕組み:

KACE SMA仮想アプライアンス
既に仮想環境を導入している組織では、VMwareまたはMicrosoft Hyper-V仮想環境で実行される仮想アプライアンスとしてKACE SMAを利用することも可能です。 デルのデータウェアハウスからKACE SMAをダウンロードして、サポートされている任意の仮想環境にインストールしてください。Virtual KACE SMAでサポートされている仮想環境は、VMware ESX/ESXi 5.5以降(Open Virtualization Format(OVF)1.0)、Windows Server® 2012/2012 R2(Hyper-V Server 2012/2012 R2搭載)です。
サービスとしてのKACEでインフラストラク<��ャのコストを回避
サービスとしてのKACEは、KACE SMAオンプレミス仮想アプライアンスのすべての機能を備えた、クラウドで提供されるホスティング型の仮想アプライアンスです。 サービスとしてのKACEでは、組織ごとに専用の仮想KACEアプライアンスインスタンス(VKアプライアンス)を提供します。 これにより、自分の組織のデータと他の組織のデータが混在することがなくなるため、セキュリティが向上し、セキュリティ規制への対応も容易になります。 ホスティングはデル™が行うため、お客様自身のインフラストラクチャでKACE SMAを管理する場合とは異なり、データセンターの容量などのリソース割り当てを気にする必要はありません。 サービスとしてのKACEでは先行支出が不要です。設備コストではなく運用コストとして割り当てることができるため、エンドポイントの種類を選ばない包括的なシステム管理ソリューションの取得を財務面で正当化しやすくなります。

リソース

データシート

KACEシステム管理 アプライアンス
KACEシステム管理 アプライアンス

包括的で使いやすいソリューションにより、すべてのエンドポイントを管理

無料インベントリツール
無料インベントリツール

Windowsのハードウェアとソフトウェアのインベントリ