お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

KACE システム管理アプライアンスを使うと、KACE SMAのIT資産管理(ITAM)、構成管理、レポート作成、アラート機能と緊密に統合された、高品質なヘルプデスクをエンドユーザに提供できます。KACE SMAのサービスデスク機能は、反復的なタスクを自動化する高度な機能や、強力なインシデント管理機能(チケット発行など)を提供します。 サービスデスクとKACE SMAの他のプロセスとの統合により、単一のソリューションでIT資産管理、エンドポイントセキュリティ、エンドユーザーのサポートに対応できるようになります。そのため、接続されたシステムやデバイスの完全なライフサイクル管理を実現するために必要となる、人的/財務的リソースを削減できます。

仕組み:

包括的な統合ヘルプデスクによりITの効率性を向上
KACE SMA のサービスデスクは、基盤となる構成管理データベース(CMDB)としてKACE SMA を使用しています。 そのため、主要なKACE SMA モジュール(デバイスインベントリ、デバイス/ユーザー履歴など)から、コンテキストに応じた情報がサービスデスク機能に直接リンクされます。 これにより、ヘルプデスク管理者は、問題解決のためのリモートサポートをKACE SMA サービスデスクから直接実行するなど、多くのタスクを容易に達成できるようになります。 また、必要に応じてKACE SMA のその他の機能に簡単に移動でき、問題の分析や解決を実施できます(ソフトウェアアップデートの配布、パッチの展開など)。 すべてのアクティビティが追跡されるため、サービスレベルのベンチマークやコンプライアンスの監査を容易に行うことができます。
組織のニーズに合わせてKACE SMA をカスタマイズ
KACE SMA のサービスデスクは、組織固有の要件に合わせて完全にカスタマイズ可能です。 ほぼすべてのフィールドまたはフィールド値(SLA、ワークフロー、エスカレーションルール、Eメール通知、キュー)がカスタマイズでき、独自のフィールドを新たに設定することもできます。 また、新入社員の研修などの、標準的かつ反復的なタスク用のプロセスの作成も可能です。これらには複数の相互依存的なアクティビティが含まれ、事前設定された順序がある場合や、さまざまなレベルでの承認が必要になる場合があります。 プロセスが作成されると、複数の相互依存的なチケットが自動的に作成され、適切な担当者に割り当てられます。
強力なチケット管理を提供
KACE SMAのサービスデスクでは、複数のサポートキューとルールを維持できます。これにより、インシデントベースかプロセスベースであるかにかかわらず、チケットのフローを管理可能です。 チケットキューは、スキルセットおよび場所に基づいて事前に定義でき、適切なサービス水準を維持するためにオーナーのワークロードに基づいて分散できます。 チケットの割り当ては階層カテゴリーに基づいて自動化するか、手動で実施することができます。チケットが即座に対応されなかった場合にEメール通知が生成されるように、エスカレーション通知を設定可能です。 また、チケットに親子関係を設定して、従属チケットを自動的に閉じたり、包括的な作業命令を閉じる前に完了する必要がある関連タスクに対して構造を追加したりできます。
強力なレポート作成とSLAのコントロール
KACE SMAは進行中のサービスプロセスを追跡し、チケットステータスの変更を適切な担当者に報告します。 さらに、KACE SMAはヘルプデスクのパフォーマンスと応答性を追跡する詳細なレポートを提供します。これには、問題解決時間を詳細に定義して追跡する機能も含まれます。 パッケージ済みレポートと直感的なカスタムレポート作成ウィザードにより、サービス・レベル・アグリーメント(SLA)へのコンプライアンスや、サービスデスク全体のワークロードを簡単に評価できるようになります。 また、サービス・デスク・チケットはアーカイブが可能で、コンプライアンス監査などの目的に活用できます。 これらの結果、サービスデスクのSLAやレポート作成の管理を改善でき、ユーザーの満足度も向上します。
リモートサポートで現場に出向く手間を削減
KACE SMAのサービスデスクにはリモートコントロール機能も用意されているため、現場に出向かずに問題を解決できます。 KACE SMAでは、UltraVNCによるリモートサポートをすぐに利用でき、サードパーティのリモート・コントロール・ソリューション(Bomgar、Dameware、NetOps、Windows Remote Desktopなど)もサポートされています。 また、KACE SMAはインテルvProテクノロジと統合されているため、vProテクノロジを搭載したPCで強力なリモート管理機能とリカバリ機能を利用できます。
KACE SMAのエンドユーザーポータルで自律的な作業を実現
KACE SMAはエンドユーザーにセルフサービス型の直感的なポータルを提供します。そのポータル上では、セルフヘルプ用のフレキシブルなナレッジベースへのアクセス、自分のシステムに関するハードウェアとソフトウェアのインベントリ情報の確認、IT部門が認可したソフトウェアパッケージのインストール、およびサポートチケットの送信とステータスの確認を行うことができます。 また、他のセルフサービス型のツール(Password Managerなど)へのリンクをIT部門で作成し、このリンクを使ってユーザ自身でパスワード管理タスクを行うことができます。 Active Directory/LDAPとの統合で、安全なユーザー認証を実現できます。また、シングルサインオンにより、ユーザーは会社のログオン資格情報を使用して、KACE SMAのセルフサービス型のユーザーポータルに簡単かつシームレスにアクセスできます。
KACE Go Mobile Appとの統合によりモバイルアクセスを提供
KACE Go Mobile App(AndroidデバイスおよびiOSデバイス用の無料アプリ)と統合されています。 KACE Goを使用すると、自分のモバイルデバイスからサービスデスクの通知をリアルタイムで確認して対応したり、インベントリの詳細を調査したり、ソフトウェアやパッチを展開したりできるようになります。 また、エンドユーザーも、サービス・デスク・チケットの送信、ナレッジベースへのアクセス、既存のチケットのステータス確認をモバイルデバイスから実行できます。
ITNinjaのナレッジベースとの統合により問題を簡単に解決
ITNinja.comはIT管理者向けの独立したフォーラムで、当社が管理しています。 システム管理の情報とベストプラクティスに関する包括的なデータベースを利用できます。 KACE SMAのサービスデスクはITNinja.comと統合されており、コンテキストに応じた情報をIT管理者や組織のエンドユーザーに提供します。 この統合によって、エンドユーザーはチケットを送信することなく独力で多くの問題を解決できるようになり、IT管理者はチケットをより早く解決するための有益な情報を入手できるようになるため、ヘルプデスクの効率化につながります。

リソース

データシート

KACE Systems Management Appliance
KACE Systems Management Appliance

Easily inventory all your Windows-based systems, for free

無料インベントリツール
無料インベントリツール

Windowsのハードウェアとソフトウェアのインベントリ