Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Sensitive Content Manager

SharePointコンテンツの管理と情報漏洩対策。幅広いコンテンツ検知と分類により、全社規模のセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスのストラテジをサポートします。Metalogix Sensitive Content ManagerはControlPoint内のモジュラー方式コンポーネントであり、組織全体でのSharePointのコンテンツ管理とデータロス防止ポリシーの強制に役立ちます。
Sensitive Content Manager
SharePointデータロス防止

SharePointデータロス防止

コラボレーション環境において、何テラバイトにも及ぶ識別されたコンテンツの調整、追跡、保護を行います。Questなら、法令遵守の徹底、公的データの漏洩防止、ポリシーの強制により、SharePointデータの安全を確保できます。オンプレミスとクラウド、両方の環境のデータを保護します。
機密データおよび個人識別情報

機密データおよび個人識別情報

企業のコンテンツ管理システム内で機密データおよび個人識別情報(PII)を検出し、特定のクライアントニーズを満たすようにルールをカスタマイズします。コンテンツの機密性を(数日ではなく)数分で調査、検出、検証します。Metalogix Sensitive Content Managerを使用すれば、カスタマイズしたリスクレベルを情報セキュリティのアーキテクチャに割り当てることによってコンテンツを分類し、あらかじめ定義されたデータ型とカスタムの名称(固有の個人IDや機密プロジェクトの名前など)に対して並外れた精度が得られます。

SharePoint PIIの徹底的なポリシー強制

SharePoint PIIの徹底的なポリシー強制

あらゆる種類のSharePoint権限管理、監査、ユーザアクティビティのレポート作成を利用して、個人識別情報を含むコンテンツにポリシーを強制します。オンデマンドスキャンを使用すれば、特定のライブラリ、サイト、またはサイトコレクションにコンテンツ検出のフラグを設定したり、リアルタイムのコンテンツ保護を有効にして、作成、変更、移動、破壊されたファイルの分析を実行したりできます。

リアルタイムのコンテンツ保護

リアルタイムのコンテンツ保護

新たに追加したSharePointコンテンツ内で、個人識別情報の即時検出を自動的に実行します。個人識別情報を含むコンテンツを検出すると、指定のコンテンツモデレータによって承認されるまでアップロードをブロックまたは検疫します。クレジットカードや社会保障番号などの個人識別情報を含む文書の場合、Metalogix Sensitive Content Managerはさらに高いレベルのリアルタイムトラストおよびコンテンツアウェアネスを提供して、機密データの誤った取り扱いを防止します。

仕様

  • Windows Server 2019
  • SQL Server 2017
  • Windows Server 2016
  • SQL Server 2016
  • Windows Server 2012、2012 R2
  • SQL Server 2014
  • Internet Explorer 11、Chrome、Firefox
  • SQL Server 2012
  • Office 365
  • SharePoint Online
  • SharePoint 2016
  • SharePoint 2013(ServerおよびFoundation)
  • SharePoint 2010(ServerおよびFoundation)
  • SharePoint 2007(MOSS、WSS 3.0)