お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

仮想バックアップおよびリカバリ

Rapid Recoveryの機能

Rapid Recoveryソフトウェアで物理環境と仮想環境を保護することにより、コストをかけずにビジネス継続性を向上できます。

仮想マシンにあるMicrosoft ExchangeおよびSQLデータベースのエージェントレスバックアップとリカバリをお試しください。

仕組み

Universal Recovery

Virtual Server Backup

Rapid Recoveryでは、物理マシン全体、VM、ファイル/フォルダ、およびアプリケーションオブジェクトを任意の場所にある物理マシンや仮想マシンにリカバリできます。 物理マシン全体、VMware、Hyper-V、Oracle VirtualBoxのVM、ファイル/フォルダ、およびアプリケーションオブジェクトを数分で復元できます。 クロスプラットフォームやP2V/V2V/V2P/P2Pの復元、さらにはハイパーバイザ間の移動にも対応しています。
Virtual Standby
仮想化をディザスタ・リカバリ・プランに不可欠な要素として活用できます。 Rapid RecoveryのVirtual Standby機能を使用すると、プライマリサーバーのリカバリポイントを自動で仮想マシンに複製して、プライマリサーバーで問題が発生した場合にこの仮想マシンをアクティブにすることができます。 Virtual Standby
価格
Rapid Recoveryのライセンスはホストごとに付与されます。 高速なバックアップ、圧縮、重複除外、アプリケーション検証、複製、ライブリストア、スタンバイ仮想マシンの作成機能など、すべての機能は一元管理コンソールから実行できます。 仮想マシンの場合、エージェントあたり、VMあたり、GBあたり、またはアプリケーションあたりの追加コストは不要です。 価格はホストごとに固定されており、ゲスト数、ストレージ容量、およびアプリケーション数に制限はありません。