お問い合わせ
x

お困りのことはありますか?私たちにお任せください。

今すぐお問い合わせお問い合わせ

Microsoft Exchange Serverのバックアップ

Rapid Recoveryのバックアップ、リカバリ、およびレプリケーションソフトウェアを使用すれば、Microsoft Exchangeメールおよびメールボックスを数分でリカバリできます。Microsoft Exchangeメールボックスの復元機能の統合により、統合型のメールボックスリカバリが実現します。復元の際に他のアプリケーションを開く必要はありません。 Rapid Recoveryでは、データベース全体をバックグラウンドで復元しながら、最も必要なデータに優先してアクセスできるため、メールとメールボックスを数分以内にオンラインに戻すことができます。

Verified Recoveryで夜間にバックアップのリカバリテストを自動的に実行し、バックアップデータを確実に復元できるようにします。

エージェントレスのバックアップとリカバリで、仮想マシン上のMicrosoft Exchangeデータベースを保護しましょう。

Live Recoveryの仕組み

Rapid Recovery for Exchange Server Backup

ブロックレベルのスナップショット
Rapid Recoveryは、Exchangeデータとアプリケーション自体をキャプチャしてブロックレベルのスナップショットのコレクションを生成し、バック<��ップします。
アプリケーション対応
Rapid Recoveryは、開いているトランザクションやメモリ内を移動中のトランザクションのログがすべて完了し、キャッシュがディスクに書き込まれたことを確認してから、スナップショットを作成します。 Rapid Recoveryでは、アプリケーションコンシステントなスナップショットを実現するためにMicrosoft VSSを活用しています。
迅速な復元を実現するテクノロジ
Rapid Recoveryでは、メタデータ・アロケーション・テーブルとデータベース構造を復元すると共に、フィルタードライバとキューイングテクノロジを活用して、障害発生後数秒間でのオンライン復帰を実現しています。
ファイルの優先順位付け
Rapid RecoveryフィルタードライバはExchange Serverエージェント上に常駐し、ユーザーからのあらゆるデータ要求をインターセプトします。 復元中にユーザーがファイルまたはEメールメッセージにアクセスしようとすると、フィルタードライバはそのファイル(またはEメール)が復元済みのものかどうかを判別し、必要に応じて要求されたファイルを優先して直ちに復元します。 エンドユーザーは迅速にファイルにアクセスでき、リカバリはバックグラウンドで続行されます。

Verified Recoveryの仕組み

自動夜間チェック
Rapid Snap for Applications機能を使用してバックアップと保護を行う場合、Rapid Recoveryは自動的にそれぞれのバックアップをすべてテストし、完全なリカバリが可能かどうか確認します。これにより、時間のかかる手動でのバックアップのテストは不要になります。
整合性チェック
Rapid Recoveryは、すべてのバックアップと保護対象Exchange Serverに対し、わずか数秒で夜間整合性チェックを実施します。
チェックサム検証
Rapid Recoveryは、Exchangeデータベース(EDB)ページに対するチェックサム検証を夜間に実行します。
マウントチェック
Rapid Recoveryは、ファイルシステムおよびExchange Serverインスタンスのマウントチェックを夜間に自動実行します。
通知
バックアップに関してデータの復元を妨げるような問題が検出された場合は、問題を事前に修正できるよう、Rapid Recoveryから通知が送信されます。
Rapid Recovery Live Recoveryの詳細、およびRapid Recoveryを使ったExchange Serverのバックアップが24時間365日の可用性を実現する仕組みについては、こちらをご覧ください