Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

レポート作成をオフロードしてビッグデータ分析をサポート

データベースパフォーマンスへの影響なしにデータの価値を最大化

組織のデータは、最も価値のある資産です。

ビジネスの成功にとって、データ分析とレポート作成は極めて重要です。 しかしビッグデータは、これまで大きな負担を要するものでした。 大量のデータを企業内に保持することの欠点は、データベースのパフォーマンスに影響を与えることです。 ビッグ・データ・プロジェクト、レポート、臨時クエリなどのためにデータにアクセスする必要がある場合、本番環境システムでI/Oの競合が発生します。 こうなると、データベースのパフォーマンスが大幅に低下します。 つまり、生産性が失われ、エンドユーザはフラストレーションを感じ、収益に悪い影響を及ぼすということです。

では、データベースのパフォーマンスに影響を与えずに、本番環境のデータベースにアクセスするにはどうすればよいでしょうか。

予算をかけたハードウェアのアップグレードや、レポートと分析専用のデータベースをいくつか用意することも、よいアイディアのように見えるかもしれません。 ただし、そのような手法では、ビジネスのためのコストが増大するのみです。 ビジネスにとって重要なデータへのアクセスに対し、より手頃で、他に影響を与えない手法が必要です。

レポート作成と分析のオフロードが必要です

レポート作成と分析をオフロードすることにより、データベースのパフォーマンスを犠牲にすることなく、手頃なコストで簡単にデータの可能性をフル活用することができます。 データレプリケーションを利用することで、レポート作成を別個のシステムにオフロードできます。分析専用データベースの購入やメンテナンスは不要です。 この手法により、オンラインのトランザクションプロセスとデータベースのレポート作成を分割し、継続的にメンテナンスされ、本番環境システムのアクティビティを反映するデータ・ウェアハウス・インスタンスに送ることができます。 つまり、ビジネスユーザとデータサイエンティストは、データベースの競合を発生させることなく、リアルタイムの正確なデータを元に分析やレポート作成を行うことができるのです。 この手法は、その他の多数のシナリオにも役立てることができます。

データレプリケーションは、レポート作成のさまざまなユースケースをサポートします。

レポート作成の一元化

レポート作成の一元化

リモートユーザが一元化されたデータにアクセスできないというトラブルはありませんか。 すでに負担がかかっている本番環境システムにログオンして、クエリ、レポート作成、分析を実行しなければならないという状況を脱し、選択したデータベースシステムにデータを複製することができます。 必要なデータにアクセスして、局所的なクエリを実行できるようになります。 こうすることで、クエリ処理をオフロードし、データへのアクセスを高速化します。
データ配信

データ配信

一部のテーブルを単一のターゲットの場所に複製することで、その他のテーブルやシーケンスを別のターゲットシステムに複製しながら、柔軟性を向上させることができます。 このスケーラブルな手法は、さまざまな場所のターゲットシステムをサポートします。
カスケード

カスケード

データレプリケーションにより、各部門を個別のシステムに分散して、オンラインのトランザクション処理とレポート作成を改善できます。 この手法は、同じテーブルを更新する複数のシステムもサポートします。 競合が検知されると、ユーザ定義による競合解決ルーチンを実行します。

SharePlex®ができること

本番環境システムのデータベースパフォーマンスを改善する。 レポート作成を、本番環境システムから移行先システムにオフロードし、高可用性を確保して、データベースのレポート作成を高速化します。

最新データによるレポート作成を、通常の営業時間内に実行する。SharePlexなら、大型のレポート作成のために手隙の時間まで待つ必要はありません。

トランザクションデータの常時同期コピーを作成する。 簡単かつ手頃価格で、請求やレポート作成をサブのサーバ上で実行します。

リアルタイムの高度な分析を実現する。 重要なアプリケーションに影響を及ぼすことなく、高度な分析によって競争で優位に立てます。 複雑なレポート作成およびアーカイブ処理に対応できます。

ロードバランシングを実装する。 これにより、データベースのパフォーマンスを改善し、レポート作成環境を最適化して、OLTPのパフォーマンスを向上させます。

データの正確性を確保する。 内蔵された監視、競合解決とデータ比較、および同期の機能を活用することで、移動中のデータの正確性を確保します。 パフォーマンスの遅れはまったくありません。

データをほぼリアルタイムで複製および統合する。 変更履歴とメタデータへのアクセスにより、リアルタイムでデータの統合およびウェアハウスを行います。

1つのツールで多くのユースケース

SharePlexを使用することで、レポート作成のオフロードに加え、データベースの高可用性の確保、ビジネスを中断させずにデータベースの移行またはアップデートを行うなど、さまざまな事が可能になります。

高可用性

お使いのOracleデータベース環境全体でデータをシームレスに移行することによって、99.999 %の高可用性を達成できます。

移行およびアップグレード

ダウンタイムやデータロスなしで、業務に支障をきたすことなくOracleデータベースを移行およびアップグレードできます。

優れたレポート作成。 優れたデータベースのパフォーマンス。

SharePlexなら、そのどちらも最高の品質になります。 SharePlexデータレプリケーションによる、レポート作成のオフロードについて詳細をご覧ください。

今すぐ開始する

この包括的なOracleレプリケーションソリューションなら、データを移動してもデータロスが発生しません。