Enterprise Reporter

Microsoftプラットフォームのセキュリティ、コンプライアンス、レポート作成、および修復のシンプル化

セキュリティとシステムの管理者には、Microsoft環境全体でITのセキュリティとコンプライアンスを実現して維持することを含め、幅広い責任があります。 ところが、組織のオンプレミス環境が拡大し、さらに環境がクラウドに拡張されるにつれて、ユーザ、グループ、権限、アプリケーションなどの可視性が低下し、さらにその結果としてセキュリティが損なわれ、データが失われる可能性があります。 データとユーザの安全を守るためには、Microsoft環境のどの情報に誰がアクセスできるかを把握することが不可欠です。

Enterprise Reporterを使用すると、Microsoftのどのプラットフォームかに関係なく、重要な構成を可視化することができます。 Questの包括的なレポート作成ソリューションは、HIPAA、GDPR、PCI、SOX、FISMAなど外部規制要件へのコンプライアンスが確保されるようにしながら、セキュリティに関するベストプラクティスと社内ポリシーへのコンプライアンスを強化します。 また、Security Explorerとともに使用すると、レポート内から素早く権限を変更できるようになります。 つまり、セキュリティの脆弱性にすぐに対処してリスクを軽減し、時間を節約すると同時に適正なアクセスを保証できます。 Questのソリューションを使用すると、より少ない管理作業でセキュリティとコンプライアンスを強化し、脆弱性に起因する侵害やデータロスを未然に防止することができます。

プラットフォーム

Enterprise Reporter Suiteにより権限、グループ、および資産を詳細に可視化

Enterprise Reporter Suite

Enterprise Reporter Suiteは、アクセス評価と組み込みのレポート作成機能により、オンプレミスかクラウドベースかを問わず、Microsoft環境のセキュリティとコンプライアンスの維持に役立ちます。 ユーザ、グループ、権限などの設定を可視化することで、オンプレミスのActive Directory(AD)、Exchange、Windows Server、SQL Server、NAS/SANストレージだけでなく、AzureとOffice 365のクラウドデータ(Azure AD、Exchange Online、OneDrive for Business)も詳細に把握することができます。 さらに、Enterprise Reporter SuiteにはSecurity Explorerが含まれているため、Enterprise Reporterのユーザインターフェイスから、不適切な権限を削除するための操作を迅速に実行できます。
Enterprise Reporter Active Directoryレポートライブラリ

Active Directory/Azure Active Directory

ADとAzure ADのユーザ、グループ、組織単位、権限などの設定に関するレポートを作成し、過度の権限を持つユーザなど、ADのセキュリティに関する潜在的な脅威を可視化します。 セキュリティ評価を実行してリスクを軽減し、コンプライアンスを満たし、移行前および移行後の分析を実行して、戦略的な計画とプロアクティブなIT管理のための情報を提供します。

Enterprise Reporter Azureライセンスレポート

Office 365

Azureのリソース、ユーザ、グループ、権限、フォルダ、ファイルなどの設定を可視化することにより、AzureとOffice 365(Azure AD、Exchange Online、およびOneDrive for Businessを含む)のセキュリティを確保します。 事前定義済みのカスタマイズ可能なレポートを使用することで、管理リソースを削減できるだけでなく、内部監査や外部監査への対応を強化しながら、Office 365のサブスクリプションとライセンスに関する情報を詳細に把握することが可能となります。 VM、ストレージアカウント、ディスクなど、Azureが提供するリソースを最適化することもできるようになります。

Enterprise Reporter for Exchangeの概要

Exchange/Exchange Online

オンプレミスかクラウドかに関係なく、どのユーザがどのメールボックス、グループ、権限などにアクセス可能かといった、Exchange/Exchange Online環境の状況を可視化できます。 カスタマイズ可能な事前定義レポートで情報を入手でき、組織内外の監査にいつでも対応することができます。

Enterprise Reporter for Windows Serverの概要

Windows Servers/OneDrive for Business

Microsoft Windows Server、Azureのリソース、NASデバイス、およびOneDrive for Businessのセキュリティと構成を可視化することで、環境内のデータの状況(誰にアクセス権があり、誰に共有されたかなど。その共有先が組織内か組織外かを問わない)を把握できます。 ユーザアカウントを容易に評価して過度の権限を持つアクセスを特定し、移行前および移行後の分析を実行して、ITインフラストラクチャでのリソース割り当てを最適化できるようになります。

Enterprise Reporter for SQL Serverの概要

SQL Server

ユーザとログイン、ロール、データベース権限など、Microsoft SQL Serverデータベースのセキュリティ設定に関するレポートを作成することで、誰がどの情報にアクセスしてその情報がどのように使用されているかを可視化できます。

Enterprise Reporter for File Storage Analysisの概要

File Storage Analysis

ユーザ、部署、サーバ、共有などを基準にして、ストレージデバイス(Windowsファイルサーバ、NAS、SANなど)のキャパシティと割り当てに関する効率的なファイルストレージ分析、レポート作成、管理を行うことで、キャパシティプランニングが実行しやすくなります。