オペレーティングシステムのイメージ処理と導入

高速かつ自動化されたOSプロビジョニング

Windows®およびMac®のディスクイメージ処理とイメージ導入を自動化することで時間を節約できます。 マルチプラットフォームOSのイメージ処理と導入のためのゴールド・マスター・イメージを簡単に構築し、維持できます。 イメージ、スクリプト形式のインストール、ドライバ、アプリケーション、スクリプトを含む、システムおよびソフトウェアのあらゆる導入資産を保存することによって整合性と信頼性を高められます。 正しいイメージまたはセットアップが適切なシステムに確実に導入されるため、ITとユーザの両方の生産性が向上します。 

専門スタッフへのお問い合わせ
エンドポイントシステム管理ソリューションで、OSのプロビジョニングを自動化できます。

エンドポイントシステム管理ソリューションで、OSのプロビジョニングを自動化できます。

機能

システムのイメージ処理、OSの導入、およびドライバ管理を自動化することで、システムを簡単に最新かつ安全な状態に保つことができるため、戦略的なITプロジェクトにより多くの時間を費やすことが可能です。 

一元化され、無人で実行できるイメージ導入

ネットワークを介して保存されたイメージをプロビジョニングすることで、ベアメタルの構築でさえも、導入に必要な時間と労力が軽減され、ブートディスクとイメージディスクが不要になります。 構築済みパッケージをWebベースの管理コンソールからネットワークに接続されたシステムにリモートで導入、またはブートメニューからローカルに導入します。

イメージのキャプチャ、編集、アップデートが簡単

シングルインスタンステクノロジーを利用することで、ディスクイメージのキャプチャとアーカイブに要する時間、帯域幅、およびストレージを最小限に抑えます。さらに、効率的な状態管理により、冗長なファイル転送を回避し、最新の更新内容のみを元のイメージに適用することで、ディスクのイメージ処理を瞬時に行えます。 コンピュータおよびサーバのイメージを簡単に編集でき、イメージを再構築する必要がありません。

導入の信頼性が向上

あらゆるイメージ、ネットワーク経由のOSインストール、および関連資料を一元展開ライブラリから参照できます。 これによって、不注意で古いディスクイメージやスクリプト形式のインストールが重要なシステムに導入されることがなくなるため、導入の信頼性が向上し、貴社やユーザの貴重な時間の節約にもなります。

導入構成の自動化

完全な導入ライフサイクルを自動化する、導入前と導入後のタスクのための完全なリモート構成により、IT業務が軽減され正確性が向上します。 独自のプレインストールタスク/ポストインストールタスクを作成したり、便利なビルトインタスクを利用したりして、導入の自動化を簡単にすることもできます。

ハードウェアに依存しないコンピュータイメージ処理と導入

複数のPCを簡単にプロビジョニングすることで、時間を節約し、ネットワーク全体へのオペレーティングシステムのインストールをシンプルにします。 ソフトウェアをリモートでインストールし、異なるハードウェアプラットフォーム間でゴールド・マスター・イメージを最新に保ちます。 また、特殊な用途で使用する個別のコンピュータのプロビジョニングを既存のイメージで行うことができます。 ネットワークOSスクリプト形式のインストール機能により、ネットワーク経由でWindowsの標準セットアップを最初から展開することで、ハードウェアに依存しないプロビジョニングが可能になります。

ドライバアップデート

どのOSを導入する場合でも、インターネットでドライバを探すことなく、適切なドライバを入手できるようになります。 ドライバのアップデート機能では、当社のドライバを直接インポートするだけではなく、他のベンダーのドライバをキャプチャすることもでき、コンピューターモデルごとにドライバを自動的に整理します。

ドライバの自動スリップストリーミング

適切なドライバが自動的に追加されるため、イメージの導入とスクリプト形式のインストールが簡単に行えます。 展開を行う前に、ドライバライブラリに必要なドライバがすべて存在するかどうかを迅速に検証し、不足しているドライバがあればライブラリへ簡単に追加して、展開時に自動的に組み込むことができます。