Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE10以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

統合エンドポイント管理(UEM)

エンドポイント管理の問題に対処

BYOD(個人所有のデバイスの活用)プログラムおよびIoT(Internet of Things)技術の影響で、ネットワーク全体で接続されているエンドポイントの数は大幅に増加しています。 手動での処理や多様なポイントソリューションに依存していると、このようなエンドポイントと資産をすべて追跡し続けるのは大変です。 当社の統合エンドポイント管理ソリューションなら、ネットワーク接続デバイスを制御し、エンドポイント管理タスクを自動化できるので、ライセンスコンプライアンスの規則を順守し、サイバー犯罪者からネットワークが守られているという安心感を得ることができます。

エンドポイント管理の問題に対するIT忍者Nickの対処方法を確認する

機能

複雑な管理タスクを自動化、簡素化します。 また、すべてのエンドポイントの可視性と管理性が向上します。

エンドポイントの可視化

Big Ass Fans: KACE製品でBig Ass Fansの通信環境を向上。

あまりにも多くの新しいデバイス、プラットフォーム、アプリケーション、および技術がある状況で、ネットワークに接続されているものをすべて追跡し続けるのは不可能に近いでしょう。 当社の統合エンドポイント管理ソリューションを使用すればエンドポイントを可視化できるので、IT環境全体の接続デバイスおよび接続ソフトウェアをすべて管理、追跡できると同時に、すべてのデバイスのアクティビティを1ヶ所で表示することができます。 エンドポイントの所在が確認できない限り、それを管理することは不可能です。

エンドポイントセキュリティ

Walker Consultants: KACEの使用によりWalker Consultantsは効率性の向上と同時に時間とコストの節約を実現。

サイバー犯罪者の手口はますます巧妙化しています。 そのため、セキュリティのアップデートとパッチ適用を迅速に行う必要があります。 当社の包括的な統合エンドポイント管理ソリューションを使用すれば、パッチを適切なデバイスに適切なタイミングでプッシュすることでサイバー攻撃を防止でき、さらに、ポリシーとコンプライアンス規則が順守されていることを確認できるので、攻撃を企んでいる者に先手を打っているという安心感が得られます。

エンドポイントコンプライアンス

Gilsbar: KACEの使用によりGilsbarは医療機関の機密情報の保護とシステムアップデートの継続を実現。

コンプライアンスを順守していないソフトウェアを使用すると、効率が悪いうえ、多額の違約金を科せられる可能性があります。 当社のエンドポイント管理ソリューションには、包括的なソフトウェアインベントリ機能、メータリング機能、および配布機能が備わっているので、ソフトウェアライセンスの利用状況を検出、管理、および追跡することができます。 また、ライセンス不足によって高額な違約金が課されるのを防ぐと同時に、エンドポイントへの過剰なライセンス提供により貴重なIT予算を浪費しないよう、ソフトウェアのメータリングも行うことができます。

効率性の高い統合エンドポイント管理は、ネットワーク接続デバイス全体、およびWindowsやMacに始まり、LinuxやUNIXマシン、Chromebookに至るまでさまざまなプラットフォームで利用できます。 エージェント不要の各種機能により、急速に成長しているInternet of Things(IoT)で使われているコンピュータ以外のデバイスのインベントリを作成し、プリンタ、スイッチ、AVコンポーネントなどのネットワーク接続デバイスを監視することができます。

Microsoft® Windows

Windows 10を始めとするさまざまなMicrosoft®プラットフォームで利用でき、現在お使いの環境に簡単に組み込むことができます。

Mac®

マルチOS環境でも簡単に実行できます。 当社の各製品は、Macプラットフォームに対応しています。

UNIX®/Linux®

当社の統合エンドポイント管理ソリューションは、UNIXやLinuxの環境でもご利用いただけます。

Internet of Things

エージェント不要の検出機能により、プリンター、AV機器、スキャナーなどのコンピューター以外の資産を始めとする、すべてのネットワーク接続デバイスのインベントリを作成できます。