Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE10以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Office 365ツール

継続的なOffice 365のセキュリティとコンプライアンス

Quest®のOffice 365ツールを使うと、クラウドへの移行の課題を解決できます。 Office 365のみならず、Azure AD、Exchange Online、OneDrive for Business、SharePoint Online、およびTeamsの移行、保護、管理も簡素化できるのはQuestならではです。 

  • ZeroIMPACTでのOffice 365の移行とテナント間の統合により、コストを制御し、リスクを軽減します。
  • 入念な評価と修復により、効果的な移行前の計画を実現します。
  • シームレスな共存により、Office 365移行時またはテナント統合時の中断によるユーザへの影響を回避します。
  • Office 365移行時または移行後に損失データを素早く一括でリカバリできます。
  • 自動化を使用して(PowerShellに対して)、Office 365の管理とセキュリティのタスクを簡素化し、リスクと複雑さを軽減します。

専門スタッフへのお問い合わせ

Office 365の移行を達成する

機能

QuestのソリューションでOffice 365の移行、保護、管理を簡素化できます。

移行前の準備

環境をクリーンアップして最適化することにより(テナントを結合または統合するか、新しいOffice 365またはハイブリッド環境に移行する)、移行を迅速化し、Office 365のライセンスコストを削減します。

  • ADを刷新してオンプレミスのフットプリントを削減し、潜在的な問題または冗長性を修正し、セキュリティ状況を向上させることにより、Azure ADおよびOffice 365とのシームレスな同期を保証します。
  • どのコンテンツ、ユーザ、メールボックス、ファイル共有、アプリケーションをいつ移行する必要があるのかを決定し、下流側のエラーや遅延を防ぐために行動する前に潜在的な問題を特定します。
  • データをプロジェクトの実行時または実行後に数分間で復元できるようにバックアップします。

ZeroIMPACTでのOffice 365の移行

組織全体にZeroIMPACTでのOffice 365の移行またはテナント間の統合を実施して、リスクと業務の中断を最小限に抑えます。 スケジュール設定やリアルタイムなステータス監視などの移行タスクを簡素化して自動化するため、プロジェクトを最大10倍速く完了できます。 ユーザへの影響を最小限に抑制すると同時に、予想よりも少ないITリソースで移行を実現します。

  • オンプレミスのExchangeメールボックスとパブリックフォルダ、Outlook PST、サードパーティ製のEメールアーカイブ、Google Gmail、IBM Lotus NotesからExchange Onlineに移行します。
  • SharePointのコンテンツ、リスト、ユーザ権限、およびLotus NotesのアプリケーションをSharePoint Onlineに移行します。
  • ローカルのファイル共有、Google Drive、Box、DropboxからOneDrive for Businessに移行します。
  • ディレクトリや空き時間情報のシームレスな共存や、新しくなったSharePoint Onlineの権限とSkype for Business Onlineのリンクにより、ユーザは移行中も業務を継続し、生産性を維持することができます。

継続的なセキュリティとコンプライアンス

セキュリティ状況を向上させ、継続的なコンプライアンスを実現し、Office 365を完全に制御できます。

  • ユーザ、グループ、権限、およびその他の設定を含むAzure ADおよびOffice 365のワークロードに関するレポートを簡単に作成し、ワークロードへのアクセスを可視化します。
  • 最小特権モデルによる管理者アクセス制御と職務の分離を実施して、コンプライアンス要件を満たし、ネイティブツールのセキュリティ上の欠点を克服します。
  • 権限へのアクセスに関するレポート作成と、オンプレミスおよびクラウドサービスの両方のワークロードに加えられた変更の監査を1つのコンソールに統合します。 イベントとレポートを簡単な表現に変換し、監査とレポート作成にかかる時間と複雑さを削減します。 ハイブリッド環境でのオンプレミスとクラウドのIDを簡単に関連付けることができます。
  • SharePoint OnlineとOffice 365の環境で、機密コンテンツをスキャン、検出、分類します。
  • ハイブリッド環境を継続的に評価し、脆弱性を特定します。疑わしいアクティビティを検出して警告し、セキュリティ管理タスクを自動化し、セキュリティ事故からリカバリします。

運用管理の自動化

自動化されたQuestのソリューションをユーザのライフサイクルの管理とプロビジョニング、バックアップとリカバリ、ライセンスのレポート作成に使用すると、クラウドまたはハイブリッド環境を簡単に管理できます。

  • ハイブリッドADおよびOffice 365環境ですべてのプロビジョニング/デプロビジョニング、ポリシー、ユーザのライフサイクル管理タスクを自動化し、手間がかかり、エラーが発生しがちで、時間のかかるネイティブツールを使用するのはもう終わりにしましょう。
  • Azure ADとOffice 365のセキュアなバックアップと高速かつ包括的なリカバリで、クラウドおよびハイブリッドの環境を保護します。 Exchange Online、Exchangeオンプレミス、バックアップ、PSTファイルなどの複数の場所からのExchangeデータのリカバリを簡素化し、エンドユーザやe-discoveryの要求に迅速に対応します。
  • 単一ビューからOffice 365テナントに関する全情報を取得できます。 メールボックスの使用状況とストレージの傾向の追跡、ユーザに付与されているOffice 365サブスクリプションとサービスに関するレポートの作成、削除できる非アクティブなアカウントの検出を行います。

グループ管理

グループの統制を取ります。 組織全体のAzure ADおよびOffice 365グループを、すべて1つのアプリケーションで完全に管理できるので、どこに何があるのかについて心配する必要がなくなります。 さらに、堅牢な作成ポリシーによりセキュリティとコンプライアンスのリスクを軽減して、リソースとグループの命名規則、アテステーション、有効期限、承認ワークフローなどを管理できます。

  • 作成ポリシーにより、グループの無秩序な拡大を防止します。
  • ユーザのセルフサービスを有効にすると同時に、グループの作成、命名、アテステーション、有効期限などの事前選択ポリシーフレームワークによって秩序を維持します。
  • グループはセルフサービスポータルによって作成されるため、ルールの執行が容易です。
  • Azure Active Directoryに接続されている内蔵およびカスタムのリソースへのアクセスをより適切に管理します。
  • 自動アテステーションを通じてグループメンバーシップを継続的に検証します。

関連項目

ハイブリッド型ADのセキュリティ
ハイブリッド型ADのセキュリティ

ハイブリッドADインフラストラクチャを制御でき、オンプレミスとクラウドの両方のセキュリティ状況を向上させることができます。

Exchange
Exchange

Microsoft Exchange Server環境をネイティブツールを使用せずに安全かつ効率的に移行し、管理できます。

SharePoint
SharePoint

オンプレミスおよびクラウドベースのSharePoint環境で、移行、管理、およびセキュリティ確保を加速および簡素化します。

OneDrive for Business
OneDrive for Business

OneDrive for Businessのコンテンツを移行、管理、保護することにより、データガバナンスを合理化し、効果的なコラボレーションを実現します。

Skype for Business
Skype for Business

当社のソリューションで、Skype? for Business/Lync? Serverの管理を合理化し、可用性を確保して、パフォーマンスを最大限に高めることができます。

Active Directory
Active Directory

当社のMicrosoft Active DirectoryおよびAzure AD向けソリューションは、自動化とプロビジョニング、コンプライアンスと監査、セキュリティ、ディザスタリカバリ、移行、およびディレクトリ統合を可能にする独自のソリューションです。