Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE10以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ChangeAuditor for SharePoint

SharePointでの変更を追跡し、レポートとアラートを生成する監査ツール

Change Auditor for SharePointを使用すると、SharePoint、SharePoint OnlineおよびOneDrive for Businessの監査をより速く、簡単かつ安全に行えるようになります。 SharePointのファーム、サーバ、サイト、ユーザ、権限などへの変更を、すべてリアルタイムで追跡、監査し、レポートおよびアラートを生成できます。

Change Auditorでは、さまざまなイベントを分かりやすい表現に変換し、安全なデータベースでデータを一元的に保管できます。 詳細なインテリジェントレポートの作成を通じて、ポリシー違反を防ぎ、監査に合格するために必要なSharePointおよびOneDrive for Businessレポートデータを提供できます。

主なメリット

ハイブリッド環境監査

オンプレミスとクラウドサービスでのSharePoint、SharePoint Online、およびOneDrive for Businessのすべてのアクティビティを1ヶ所に関連付けて表示します。

監査の一元化

監査データを一元化された安全なデータベースに格納することで、SharePoint管理者とセキュリティスタッフとの間で、職務の分類(SoD)が可能になります。

サーバ構成の監査

ユーザ、許可、ファーム、サーバ、リストなどのSharePointサーバ構成の変更とセキュリティの変更を追跡します。

一覧表示

変更イベントについて、すべての変更に関する元の値と現在の値を含む詳細な情報により、ユーザおよび管理者のアクティビティを追跡します。

イベントフィルター

イベントタイプ、ユーザアカウントなどを基準に、複数のSharePointソースから検索結果を絞り込むことができます。これにより、管理者が問題の原因を特定できるようになります。

移動中も可能なリアルタイム通知

重大な変更やパターンが検出された場合に、現場にいないときでも、至急の対応を促す警告をEメールやモバイルデバイスで受けとることができます。

統合イベント転送

SIEMソリューションと統合し、Change AuditorイベントをSplunkやArcSight、QRadarに転送できます。

迅速なレポート作成

監査人の要求を満たすように事前設定されたレポートを作成できます。このレポートはカスタマイズすることもできるため、管理者は監査の準備に手間取ることなく、通常業務への影響を抑えることができます。

特長

Quest InTrustの統合

Quest InTrustと統合して、20:1に圧縮されたイベントストレージおよび一元化されたネイティブまたはサードパーティのログ収集、アラート機能による解析と分析、既知のランサムウェア攻撃や疑わしいPowerShellコマンドなど、不審なイベントに対する自動応答アクションを実現します。

セキュリティの状況把握を強化

多数のシステムやデバイスから得られる多様なITデータをインタラクティブな検索エンジンであるIT Security Searchに関連付けることで、セキュリティインシデントへの迅速な対応とフォレンジック分析を行うことができます。 ユーザーの資格とアクティビティ、イベントのトレンド、不審なパターンなど、さまざまなデータを豊富な可視化機能やイベントタイムラインを使用して確認できます。

セキュリティタイムライン

変更イベントの表示、ハイライト、フィルタリングを行い、変更イベントとその他のセキュリティイベントの関連性をMicrosoft環境全体にわたって時系列で把握できるため、より高度なフォレンジック分析やセキュリティ・インシデント・レスポンスが実現します。

関連検索

現在表示されている変更に関するあらゆる情報と、関連するすべてのイベント(特定のユーザやワークステーションで起こっている変更など)を、ワンクリックで瞬時に把握できます。これにより、憶測に基づいた作業を減らし、セキュリティ上の懸案事項を明確にできます。
Stevie Awards 2018 People’s Choice受賞

Stevie Awards 2018 People’s Choice受賞

2018 Stevie Award’s People Choice賞で、ChangeAuditorは最優秀ソフトウェアに選ばれたほか、2018年最優秀新製品のSilver Stevieを獲得しました。

仕様

Change Auditorコーディネータ(サーバ側)、Change Auditorクライアント(クライアント側)、Change Auditorエージェント(サーバ側)、そしてChange AuditorワークステーションおよびWebクライアント(オプションコンポーネント)には固有のシステム要件があります。 Change Auditorで監査できるすべてのコンポーネントおよびターゲットシステムのシステム要件と必要な権限の詳細なリストについては、『Change Auditor Installation Guide(Change Auditorインストールガイド)』を参照してください。

Change Auditorコーディネータは、クライアントとエージェントのリクエストの処理、およびアラートの生成を行います。

プロセッサー

クアッドコアインテル® Core™ i7(または同等以上)

メモリ

最小: 8 GB以上のRAM

推奨: 32 GB以上のRAM

SQL Server

次のバージョンまでのSQLデータベースがサポートされています。

  • Microsoft SQL Server 2012 SP4
  • Microsoft SQL Server 2014 SP3
  • Microsoft SQL Server 2016 SP2
  • Microsoft SQL Server 2017
  • 注意: Change AuditorはSQL AlwaysOn可用性グループ、およびSQL Clustersをサポートしています。

    オペレーティングシステム

    インストール先のプラットフォーム(x64版)として、次のバージョンまでがサポートされています。

    • Windows Server 2012
    • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019
  • 注意: Microsoft Windows Data Access Components(MDAC)が有効になっている必要があります。 (MDACは、オペレーティングシステムの一部として搭載されており、デフォルトで有効になっています)。

    コーディネータのソフトウェアおよび構成

    最適なパフォーマンスを実現するためのQuestからの推奨事項:

    • Change Auditorコーディネータを専用のメンバーサーバにインストールします。
    • Change Auditorデータベースは、専用の独立したSQL Serverインスタンス上に構成してください。

    注意: ChangeAuditorデータベースには、事前に固定サイズを割り当てないでください。

    さらに、次のソフトウェアまたは構成が必要です。

    • コーディネータでは、ローカルドメインおよびフォレスト・ルート・ドメインのすべてのドメインコントローラーに対して、LDAPおよびGCによる接続が確立されている必要があります。
    • Microsoft .NET 4.7.1(x64版)
    • Microsoft XML Parser(MSXML)6.0(x64版)
    • Microsoft SQLXML 4.0(x64版)
    コーディネータの使用容量
    • ハードディスク容量: 約1 GB。
    • コーディネータのRAM使用量は、環境、エージェント接続の数、およびイベントボリュームによって大幅に異なります。
    • データベースの想定サイズは、導入されるエージェントの数およびキャプチャされる監査対象イベントの数によって異なります。

    アカウントコーディネータに最低限必要なその他の権限については、『Change Auditor Installation Guide(Change Auditorインストールガイド)』を参照してください。

    リソース

    Change Auditor for SharePoint
    データシート
    Change Auditor for SharePoint
    Change Auditor for SharePoint
    SharePointでの変更を追跡、レポート、および通知する監査ツール
    データシートを見る
    What’s New in SharePoint 2019
    ホワイトペーパー
    What’s New in SharePoint 2019
    What’s New in SharePoint 2019
    Explore SharePoint 2019 new features and see how migrating to the new version can benefit your organization with ZeroIMPACT to your users.
    ホワイトペーパーを読む
    Understanding OneDrive for Business Security and Monitoring
    ウェブキャストオンデマンド
    Understanding OneDrive for Business Security and Monitoring
    Understanding OneDrive for Business Security and Monitoring
    Listen as we explore OneDrive for Business security and monitoring plus what's available in the Office365 portal and PowerShell in this on-demand webcast.
    ウェブキャストを見る
    OneDrive for Business Security and Monitoring
    ホワイトペーパー
    OneDrive for Business Security and Monitoring
    OneDrive for Business Security and Monitoring
    Explore the native options for configuring, securing and auditing your OneDrive for Business environment, and their limitations.
    ホワイトペーパーを読む
    セキュリティと生産性を向上 させた政府関連機関
    導入事例
    セキュリティと生産性を向上 させた政府関連機関
    セキュリティと生産性を向上 させた政府関連機関
    テキサス州北部中央自治体評議会(NCTCOG: North Central Texas Council of Governments)は、QuestのMicrosoft Platform Managementソリューションによって、 ハイブリッドIT環境全体における変更に対してリアルタイム制御を実現しました。
    導入事例を読む
    Manufacturer ensures security and GDPR compliance
    導入事例
    Manufacturer ensures security and GDPR compliance
    Manufacturer ensures security and GDPR compliance

    To continue to thrive in its competitive market, Beltrame Group had modernized its IT environment, with help from Que

    導入事例を読む
    SHAREPOINT SECURITYの ファイブ・ステップ・プラン
    電子書籍
    SHAREPOINT SECURITYの ファイブ・ステップ・プラン
    SHAREPOINT SECURITYの ファイブ・ステップ・プラン

    SharePointの柔軟性の高いセキュリティモデルでは、ユーザが自らのジョブで必要とするとおりの権限を確実に付与するのが難しくなる場合があることもご存知でしょう。それに加えて、ユーザ、アプリケーション、コンテンツといった組織内の絶え間ない変化はSharePoint環境に影響を与え、ITチームは権限の変更に常に追われています。権限に関する最小限の原則を適用しながらも、ユーザがポリシーに違反し

    電子書籍を読む
    SharePoint Governance Best Practices
    電子書籍
    SharePoint Governance Best Practices
    SharePoint Governance Best Practices

    Collaboration platforms like SharePoint can add significant value to your organization — but the platform is of

    電子書籍を読む

    今すぐ開始する

    SharePoint環境への変更をリアルタイムで追跡、監査し、アラートを取得します。

    サポートとサービス

    製品サポート

    製品のインストール、設定、トラブルシューティングに、セルフサービスツールをお役立てください。

    サポートサービス

    お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しています。

    プロフェッショナルサービス

    オンサイトやリモートサイトで提供されている幅広いサービスの中から、お客様のニーズに合ったものをお選びください。

    トレーニングと認定資格

    オンライン(Webベース)、オンサイト、仮想インストラクタ主導型などの形式で提供される、トレーニングコースです。