Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Quadrotech Archive Shuttle

Quadrotech Archive Shuttle by Questは、カスタマイズ性の高いワークフローと自動化機能を備えた、高性能なEメールアーカイブ移行ソフトウェアです。

当社のエキスパートチームは、データの移行元がVeritas Enterprise Vault、Quest/Metalogix Archive Manager、EMC SourceOne、Zantaz EASのいずれであっても、以下を実行できます。

  • 移行中にアーカイブへのアクセスを維持し、エンドユーザにZeroIMPACTを保証
  • 監査証跡およびログ記録で分析過程管理を保護し、コンプライアンス規制に準拠
  • 定額で一定の成果を提供し、リスクにさらされる機会を限定
Simplify Email Archive Migration with a Managed Service 02:17
Eメールアーカイブ移行のエキスパート

Eメールアーカイブ移行のエキスパート

Eメールアーカイブ移行プロジェクトは、環境の複雑さや、移行の必要があるデータ精度により、それぞれが独自の作業となります。Quadrotech Archive Shuttle(旧名称: Migration Manager for Email Archives)の重要な価値は、エンタープライズレベルの柔軟性を備え、スマートなフィルタリング設定により必要な内容のみを移動できることです。

当社の動的Eメールアーカイブ移行ソフトウェアは、実際のビジネス要件に対応する能力を備え、自動化されたプロセスベースのワークフローを提供することで、成果を確保します。この技術と、当社の経験豊かな実行チームの組み合わせは、EメールアーカイブをOffice 365や代替プラットフォームに移行する際に威力を発揮します。

レガシーアーカイブを刷新する必要がある場合、当社のスペシャリストチームにご連絡いただき、プロジェクトの詳細をお知らせください。

特長

優れた移行性能

高速で効率的な移行により、移行に要するコストを軽減できます。Quadrotech Archive Shuttleには、高度なマルチスレッド移行エンジンが搭載されています。このエンジンにより、Exchange Web Services(EWS)を利用したその他のソリューションに比べて、Eメールのアーカイブデータを最大5倍の速さでOffice 365およびExchangeに移動できます。複数の移行コンソールをインストールして、スケーラビリティを向上させ、ネットワークのボトルネックを解消することもできます。

分析過程管理の徹底

Eメールアーカイブデータの移行を水も漏らさぬセキュリティで実行することで、規制および法令上のコンプライアンスを確保します。移行したアイテムごとにデジタルフットプリントを生成し、監査証跡とセキュリティログを作成することで、移行中のデータの改変や破損がないことを検証できます。Exchange Web Services(EWS)の手法と比較すると、Quadrotech Archive Shuttleは、すべてのメタデータおよびフォルダ構造を保持し、分析過程管理の保存状態を詳細に検証することで、正確性を向上させています。

ZeroIMPACTでの移行

エンドユーザは移行プロジェクト中、移行の状態にかかわらず、いつでもアーカイブにアクセスできるため、ダウンタイムを削減できます。Quadrotech Archive Shuttleでは、毎日のデータ差分検出および同期の前に、ユーザのEメールをバックグラウンドのターゲット環境と同期させることで、ユーザは新規データと元のソースデータの両方にアクセスできます。こうしたシームレスなアプローチにより、ヘルプデスクの負担と電話対応を軽減します。

インテリジェントなフィルタ

きめ細かなフィルタリングにより、移動できるものとできないものを選別し、移行に関するリスク、時間、コストを軽減します。Eメール保持ポリシーに沿うよう、日付や保持項目を基準に選択できます。また、メッセージタイプでフィルターして、「メモ」、「タスク」、「下書き」といった不要なアイテムを排除することもできます。

高度な自動化機能

Outlookにおける主な反復作業(ユーザのマッピング、レガシーアーカイブの削除、Eメールアーカイブの新規保存場所へのショートカットの更新など)を自動化することで、移行をシンプルにし、手作業によるエラーのリスクを軽減します。業務レポートをリアルタイムで取得でき、移行の進捗、および報告された問題についてのトラブルシューティングをユーザと管理者に提示できます。さまざまなビジネス要件に対応できる単一のソリューションで、複数のソースとターゲットを移行できます。

移行元と移行先

移行元: Veritas Enterprise Vault、EMC SourceOne、HP Autonomy/Zantaz EAS、EMC SourceOne、Quest/Metalogix Archive Manager、さらにはPSTファイルなど、一般的なレガシーアーカイブから移行できます。

移行先: Office 365やオンプレミスのExchange、Enterprise Vault、その他のクラウドサービスおよびローカルのストレージプラットフォームに移行できます。GCCおよびGCC High移行もサポートされています。

今すぐ開始する

サポートおよびサービス

製品別サポート

製品のインストール/設置、設定、トラブルシューティングに、セルフ・サービス・ツールをお役立てください。

サポートサービス

お客様固有のニーズにお応えできるよう、さまざまなレベルのサポートをご用意しております。