Predictive Business Continuity

ITインフラストラクチャを最適化すると同時に、保護および可用性を最大化。

多くのIT組織は、予見できない数え切れないほどの事象によって生じる業務の中断という重大なリスクに直面しています。これは、収益の損失やビジネス生産性の損失につながり、顧客を失う可能性さえあります。

複雑性やコストを排除し、ハイブリッドIT環境の可視化を実現して、システムをプロアクティブに保護する手段がIT管理者に必要です。

当社のPredictive Business Continuityソリューションは、お客様がハイブリッドIT環境から最大限の価値を実現すると同時に、サイバー攻撃やシステムの障害、データ損失という絶え間ない脅威によってビジネスが中断されるリスクを軽減できるよう、インフラストラクチャの最適化とデータ保護に積極的に取り組んでいます。 詳細はこちらをご覧ください

予測可能なビジネス継続性の実現

機能

QuestのPredictive Business Continuityは、複雑性を排除し、<��度な可視性を実現します。また、保護を最大化し、十分に活用されていないリソースを再利用します。 当社の製品ポートフォリオが各機能にどのように対処するかをご確認ください。

複雑性の排除

既存の環境から複雑性とコストを排除し、予算とスタッフの時間を解放して、デジタルトランスフォーメーションのようなビジネス上クリティカルなイニシアティブにしっかりと取り組めるようにします。 過度に使用されているVMやあまり使用されていないVMを特定するFoglight for Virtualizationのリアルタイム分析でVMのモニタリングの複雑性を最小限に抑えます。 複数のサイト全体およびクラウドを1つのクラウドベースのコンソールから保護するRapid Recoveryを使用してデータ保護の複雑性を低減します。

可視性を高める

発生前にプロアクティブに問題を回避するようにシステムを自動的に最適化するFoglight for VirtualizationでハイブリッドIT環境を完全に把握できます。 仮想化インフラストラクチャスタック全体にわたるモニタリングと管理によって、VMware環境とHyper-V環境に関する比類のない可視性が得られます。 ストレージインフラストラクチャの可視性を高めて、仮想環境に影響を与える可能性があるストレージの問題を解明してください。

保護の最大化

オンプレミスか、リモートサイトか、クラウドかに関係なく、Rapid Recoveryは物理環境と仮想環境内のシステム、アプリケーション、およびデータを保護します。 ほぼ継続的にデータを保護し、ユーザに影響を与えることなく、瞬時にリカバリできます。 クラウドベースの1つの管理コンソールから、複数のサイトにわたって、たとえクラウド内であっても、データ保護環境全体をモニタし、管理することができます。 わずか数クリックでDRaaSをクラウドに簡単に導入できます。

OPEXとCAPEXの削減

圧縮テクノロジーと重複除外テクノロジーを備えたRapid Recoveryでエンタープライズ全体のデータ保護を自動化してスタッフの生産性を高めるとともに、ストレージコストを最大93%引き下げることができます。 また、電源が入っていないVM(ゾンビVM)を特定して排除し、プロビジョニングされることが少ないリソースをリソースプールに戻すFoglight for Virtualizationでは、VMWare環境やHyper-V環境内であまり活用されていないリソースを特定して再利用することができます。