クラウド環境または ハイブリッド環境における Active Directoryのリカバリ

Active Directory(AD)の包括的なバックアップ/リカバリは、今日のあらゆる組織にとって必要不可欠な機能です。Office 365に移行することで、複雑性はさらに高まります。Azure ADの組み込みのクラウド・ディザスタ・リカバリ機能がオンプレミスAD環境のそれらの機能とどのような点で異なるのか、また、クラウド環境やハイブリッド環境を適切に保護するためにはどのような機能が必要なのかを把握することが極めて重要です。

このホワイトペーパーでは、ADの組み込みのリカバリ機能について簡単に確認し、Azure ADとの主な違いを説明します。さらに、クラウドリカバリの6つの「欠点」を挙げ、QuestのハイブリッドADおよびAzure ADリカバリソリューションが組み込みのツールによる制限を克服し、オンプレミスとクラウドサービスの両方で組織が必要としている包括的なデータ保護を実現できる仕組みを解説します。

無料のホワイトペーパーのダウンロード