このシリーズでは、定番バックアップソフトウェアNetVault Backupで、
VMwareの仮想マシンなどをバックアップするところまでを、くわしく解説していきます。

> NetVaultサーバ インストール後の作業

前回(第4回)は、Windows環境でNetVaultサーバをインストールして、管理GUIを起動するところまで確認しました。
この後の作業としては、バックアップ対象とバックアップ先をNetVaultサーバへ登録すればバックアップを始めることができます。
流れを図5-1にまとめました。

図5-1: NetVaultインストール作業の流れ。

 

■step1 NetVaultサーバをインストールする

前回(第4回) NetVaultサーバをインストールしてみました。
たとえば小規模(単体)構成の場合で、他にバックアップ対象がなければstep2とstep4を省略してバックアップ装置の設定に進みます。

■step2 NetVaultクライアントをインストールする

NetVaultサーバ以外に、バックアップ対象マシンがある場合、NetVaultクライアントをインストールします。
インストールの方法はNetVaultサーバとほぼ同じです。
インストールタイプの選択でクライアントを選択してインストールを進めます。

■step3 NVBU コンソールを起動する

前回(第4回)  の最後に起動してみたとおり、スタートメニューからNVBUコンソールを起動します。

■step4 NetVaultクライアントを追加する

step2でバックアップ対象マシンにNetVaultクライアントをインストールしましたが、インストールしただけでは、NetVaultサーバから管理できません。
NetVaultサーバで、複数のNetVaultクライアントのバックアップ/リストアをまとめて行うには、バックアップ対象となるNetVaultクライアントを、NetVaultサーバ管理下に追加する作業が必要になります。
クライアントウインドウを開き、NetVaultクライアントを追加します。

■step5 バックアップ装置の設定を行う

デバイス管理ウインドウを開き、バックアップ装置の登録を行います。
NetVault Backup9.0.1が登録できるのは、単体テープ装置、集合型テープ装置(オートローダ、テープライブラリ)、VTL(仮想テープライブラリ)、NetVault SmartDisk、DDBoostデバイス、になります。

■step6 バックアップを行う

バックアップ元(NetVaultクライアント)、バックアップ先(バックアップ装置)の準備ができれば、バックアップを行うことができます。
バックアップウインドウを開き、バックアップジョブを作成します。

◇ 

 > NetVaultクライアントを追加する

それでは前回step3 NVBUコンソール起動まで進めたことになりますので、引き続き、step4 NetVaultクライアントの追加 まで進めましょう。

 

 

 

>> 解説

■NetVaultクライアントを追加する前に

ファイアウォールの無効化
NetVaultサーバとNetVaultクライアントのネットワーク間またはOS側でファイアウォールの設定を有効にしている場合、ファイアウォール機能の設定を無効にしてください。

ファイアウォール機能を無効にできない場合は、以下のソリューションを参考にして下さい。

Microsoft Windowsのファイアウォール環境でNetVaultを使用するには
http://kb.bakbone.com/4309

DNSサーバ、またはhostsで名前解決
NetVaultサーバとNetVaultクライアントはそれぞれお互いにDNSサーバを参照して名前解決できることを確認して下さい

DNSサーバがない、検証ネットワーク環境などの場合は、以下のソリューションを参考にして下さい。 

NetVault間の名前解決を行わない設定
http://kb.bakbone.com/3214

■NetVaultクライアントをインストールする

インストールの方法はNetVaultサーバとほぼ同じです。
インストールタイプの選択のところでクライアントを選択してインストールを進めます。

■NetVaultサーバ側でNVBUコンソールを起動する

■クライアント管理ウインドウ

 図5-2: クライアント管理を選択

1. クライアント管理を選択し、クライアント管理画面を開きます。

 図5-3: クライアント管理ウインドウ

2. 画面右側の[使用可能なNetVault マシン]には、NetVault クライアントをインストールしたマシンが自動的に表示されます。
表示されているマシンの中から追加したいマシンを右クリックし、[クライアント追加]を選択します。

 図5-4: クライアント追加

3. 追加対象のマシンに対するパスワードを入力する画面が開きます。
NetVaultクライアント をインストールした際に該当のマシンに指定したパスワードを入力し、OK ボタンを押します。

 図5-5: パスワードの入力

4. パスワードが正しければ、[アクセスできました]と表示されますのでOKをクリックしてください。

 図5-6: アクセスできました

5. 対象のマシンがNetVault クライアントとしてNetVault サーバに追加されます。


図5-7: クライアントとして追加

6. 右クリックメニューで各種設定が行えます。

 図5-8: クライアント右クリックメニュー

たとえばOracle Plug-inなどアプリケーション専用プラグインは、ソフトウェアのインストールでインストールできます。

バックアップウインドウ

 図5-9: クライアントのCドライブのファイル表示

NVBUコンソールからバックアップウインドウを開くと、追加したNVBUクライアントがバックアップできるようになっています。

Anonymous