1からはじめるNetVault Backup 第8回 [新バージョン]NetVault Backup 9.1.1リリース!

このシリーズでは、定番バックアップソフトウェアNetVault Backupで、
VMwareの仮想マシンなどをバックアップするところまでを、解説していきます。

> NetVault Backup 9.1.1リリース

NetVault Backup (NVBU) 最新バージョン9.1.1がリリースされました。

NVBU 9.1.1では、

・Windows Server 2012をNVBU サーバとして使用できるようになり、NVBU 9.0.1でのWindows 2012対応の制限が解除されました。
・IBM製およびHP製のLTO-6テープドライブに対応しました。

 

■対応プラットホーム・モジュール

NetVault Server/Client for AIX
NetVault Server/Client for HP-UX (Itanium 2)
NetVault Server/Client for Linux (Itanium 2)
NetVault Server/Client for Linux (x86 Hybrid)
NetVault Server/Client for Linux (x86 Pure64)
NetVault Server/Client for Mac OS X (Intel/PowerPC)
NetVault Server/Client for Solaris (SPARC)
NetVault Server/Client for Solaris (x86/x64)
NetVault Server/Client for Windows (x86-32/x86-64)
NetVault Client for FreeBSD (x86-32)
NetVault Client for FreeBSD (x86-64)

 

■評価版もダウンロードできます。

▼NetVault Backup 9.1.1の評価版ダウンロードはこちら

>>解説

以前のバージョン9.0.1では、Windows 2012の対応としては、
NVBUクライアントとしてのみ、さらにファイルバックアップのみの限定対応で、
NVBUサーバにできませんでした。

NVBU 9.1.1では、NVBUサーバとしてWindows 2012に対応しましたので
Windows 2012 小規模構成・シングルサーバ構成でも、利用いただけます。

 図8-1: Windows 2012シングルサーバ構成例

  9.1.1 9.0.1
NVBU サーバとしてWindows Server 2012をサポート ×
Windows 2012のNTFS新機能、重複排除されたデータもバックアップ可能 ×
Resilient File System (ReFS)をサポート ×
ファイル・システム プラグインによる、Windows 2012システム状態バックアップ(Active Directoryコンポネント等) 〇  × 
iSCSI targetの仮想ディスク内のデータのバックアップに対応 ×
iSCSI targetの仮想ディスクをRaw Deviceプラグインにより、イメージとしてのバックアップにも対応 ×
NFS 4.1共有のマウントからバックアップ/リストアをサポート ×
ネットワーク共有のVSSスナップショットによるバックアップをサポート ×

 図8-2: Windows 2012で動作するNVBUコンソール

 図8-3: Windows2012 ReFS対応

 

なお、NetVaultでは、オプションの各プラグインはNetVault本体と独立したバージョン管理となっています。
各プラグインのWindows 2012 対応は、それぞれのプラグインのバージョンアップで順次対応してきます。

> Windows 2012 Hyper-V機能に対応したHyper-V Plug-in 1.7リリース!

Hyper-V Plug-inは、最新バージョン1.7でWindows 2012 Hyper-Vに対応しました。(2013年7月26日更新)

■Hyper-V Plug-inの特長

・Windows 2012 Hyper-V機能に対応

・Hyper-V 仮想マシンのイメージバックアップ/リストア

・Windows仮想マシンの場合、エージェント不要でファイルレベルバックアップも可能

・クラスタ共有ボリューム (CSV) のホスト上にある仮想マシンのバックアップ/リストアに対応

 図8-4: Hyper-V Plugin 1.7 仮想マシンのイメージバックアップ

Windows仮想マシンのファイルレベルバックアップ(エージェントレス)はHyper-V Plug-inで仮想マシンを表示させたあと、仮想マシンの右クリックメニューでマウントを選択すると、フォルダおよびファイルが表示されて、ファイル単位のバックアップができるようになります。

 図8-5: Windows仮想マシンのファイルレベルバックアップ準備
Windows仮想マシンで右クリックメニュー「マウント」選択


図8-6: Windows仮想マシンのファイルレベルバックアップ

■Hyper-V Plug-inのインストール先

Hyper-V Plug-inは、Windows 2012 Hyper-Vホスト側に、NVBUクライアントとともにインストールします。

 図8-7: Hyper-V Plug-inはHyper-Vホストに配置

このとき、仮想マシン側にはNVBUクライアント(エージェント)が不要で、
仮想マシンのイメージバックアップまたはファイルレベルバックアップ(Windowsのみ)が可能です。

もし仮想マシン上のアプリケーション(たとえばSQL Serverなど)をフル・差分・増分バックアップのように細かく運用したい場合は、仮想マシン側にNVBUクライアントとアプリケーション専用プラグイン(たとえばMS SQL Server Plug-in)をインストールするようにしてください。