このシリーズでは、定番バックアップソフトウェアNetVault Backupで、
VMwareの仮想マシンなどをバックアップするところまでを、解説していきます。

> Microsoft SQL Server Plug-in 6.0リリース

NetVault Backupの、Microsoft SQL Server オンラインバックアップ用オプションMicrosoft SQL Server Plug-inの最新バージョン6.0がリリースされました。

Microsoft SQL Server Plug-in 6.0では新機能として、

・Windows Server 2012環境に対応しました。
・クエストソフトウェアLiteSpeed for SQL Server の圧縮テクノロジーを組み込みました。

 

>>LiteSpeed for SQL Serverとは

LiteSpeed for SQL Serverは、
旧クエストソフトウェアがもつ300以上のソフトウェア製品の中の1つ、
Microsoft SQL Server専用のバックアップ・リストア製品で、
独自の圧縮技術により、SQL Serverの標準バックアップ機能と比べて
バックアップデータのサイズを最大で90%圧縮し、
それによりバックアップ/リカバリの処理時間を最大で70%短縮できるとうたった製品です。

今回NetVault Backup のMicrosoft SQL Server Plug-inバージョン6.0から、このLiteSpeed for SQL Serverの圧縮テクノロジーを、利用できるようになりました。

> NetVault のMicrosoft SQL Server Plug-in 6.0 の特長 

・Microsoft SQL Serverのバックアップ手法としてVDI(仮想デバイスインタフェース)とVSS(ボリュームシャドウコピーサービス)の両方に対応しています。

・VDIでは豊富なバックアップオプションを用意していますので、フル・差分・増分トランザクションログなど細やかなバックアップ運用や、Tail-Log、部分データベース、ファイルグループなど高度な運用が可能です。


・本バージョンからVDIでは、Quest LiteSpeed 圧縮テクノロジーにより3段階の圧縮バックアップが可能になりました。

NetVault Backup低圧縮  (デフォルト)最小限のCPU使用率で圧縮を行います。
NetVault Backup中圧縮 低圧縮に比べてCPUをさらに使用しますが、圧縮率は高くなります
NetVault Backup高圧縮 低・中圧縮よりもCPUを使用しますが、最高の圧縮を行います。

 またリストアオプションにも、LiteSpeedの機能が追加されています。

 

・別ホストの別インスタンスへのリストアが可能になりました。

・圧縮済み、読み取り専用データベースとしてリストアが可能になりました

・VSSは、WindowsOS側のスナップショット技術VSSを利用して、フル、差分バックアップが可能です。

 

> LiteSpeed 圧縮テクノロジーの効果

速報ということで、簡単な検証をしてみました。

SQL Server 2012のサンプルデータベースAdventureWorks2012(約200MB)を、
圧縮無しと3段階のNetVault圧縮それぞれでバックアップし、圧縮率やバックアップサイズを比較してみました。

圧縮率や、バックアップサイズ、バックアップ時間は、NetVaultのログで確認することができます。
以下の例は、低圧縮での実行結果になります。

同様に、圧縮無し、NetVault中圧縮、NetVault高圧縮を指定してバックアップジョブを実行し、データ転送時間、圧縮率、転送データ量をNetVaultログで確認しました。
以下のような結果となりました。

  圧縮無し 低圧縮 中圧縮 高圧縮
データ転送時間 46sec 8sec 16sec 37sec
圧縮率 - 75.56% 78.88% 85.32%
転送データ量 201.72MB 49.28MB 42.22MB 29.55MB

デフォルトの低圧縮でも、圧縮無しの201MBを49MBに75%圧縮することにより、
データ転送時間が46秒から8秒に短縮され、高速にバックアップできることが確認できました。 

※なお、この計測値は、検証環境での値になります。環境によっては値が異なる場合がありますので、NetVault無償評価版にてお試しください。 

 

Anonymous