NetVaultインストーラパッケージのHybridとPure64って何ですか?

 

Q.

NetVault BackupのLinux版にはHybridとPure64があるようですが
どちらをダウンロード・インストールすれば良いですか?

 

A.

Pure64は64bitのOS専用のパッケージです。
Hybridは32bitのOSでも64bitのOSでも動作するパッケージです。
ただしHybridはインストール要件として32bitの各種ライブラリが必要です(※)。

・新規にインストールする対象マシンのOSが64bitであれば、Pure64を、
 OSが32bitであれば、Hybridを、
  ダウンロードして、インストールしてください。

・バックアップサーバは64bitのOSをご用意いただき、
 NetVault Backup サーバパッケージはPure64をインストールするようにしてください。

・サーバおよびクライアントに64bit、32bitが複数混在している場合
 それぞれのOS(32/64bit)にあわせて、
 64bitであればPure64、32bitであればHybridをインストールしてください。
 Hybridに統一する必要はありません。


(※)64bitのRHEL7にHybridのNetVaultインストーラパッケージをインストールする場合、
 インストール要件として
 以下の32bitライブラリをRHEL7インストールCDからインストールする必要があります。

  . atk.i686
  . bzip2-libs.i686
  . glib2.i686
  . glibc.i686
  . gtk2.i686
  . krb5-libs.i686
  . pam.i686
  . perl-libs.i686
  . tcl.i686
  . xorg-x11-fonts*

【2018/1/29追記】
次のステップとして、インストールガイドをダウンロードしてください。

NetVault11.4.5インストールガイドはこちら→https://support.quest.com/ja-jp/download/downloads?id=6083783

OSによって、前提となる32bitパッケージをOSインストールDVDから導入いただく必要がございますので
上述のインストールガイド16ページ~26ページをご覧ください。


簡単設定ガイドはこちら→NetVault Backup 11.4.x 簡単設定ガイド