初めまして、DBの管理製品全般についてソリューションコンサルタントを担当しています青木です。

今週1月23日に、SharePlexの販売パートナー様向けに技術者イベントSharePlex Partner Summit 2018 in Japanを開催いたしました。SharePlexのイベントとしては、毎年海外にてAPJ(Asia Passific Japan)地域の技術者が集まって行われるイベントがあるのですが、海外イベントということで参加が難しいというご意見が多く、国内でその内容を日本語にてサマリーでご提供するイベントとして実施いたしました。

まずは、「Partner Certification/Why Data Replication/Case Studies」と題して、Infomation Management部門よりChief TechnologistおよびSenior Business Development ManagerであるLooTong Tanより、SharePlexのパートナー様向け認定制度、レプリケーションの活用方法、そしてAPJ地域における日本以外の事例を中心にご説明いたしました。スピーカーは英語によるものでしたが、比較的非ネイティブを意識して話をしてくれていますし、1スライド毎に簡単に私の方で日本語による要約のご説明をさせていただきました。

次に、私より、「オープンターゲット(PostgreSQL/MySQL/Kafka)とクラウド(AWS/Azure)対応」と題して、通常のトレーニングでは主にOracleからOracleへのレプリケーションを中心にしているところを、近年対応が増えているOracleから非Oracleへのレプリケーション、また各種のクラウド対応の注意点を交えてのセッションです。脱Oracleのデータベースとして有力な候補であるPostgreSQLをはじめ、オープンソースのデータベースやストリーミング基盤であるKafkaのご説明に加えて、クラウド使用の構成方法などをご説明しました。

途中休憩を挟んで、次は同僚の同じくソリューションコンサルタントでる尾山さんより「【Solution for SQL Server】
SharePlex ソース/ターゲット & Spotlight」と題して、SharePlex9.0で新規対応になったSQL Serverからのレプリケーションを含むSQL Server関連のソリューション全般をご紹介させていただきました。SQL Serverからのレプリケーションは、今現在は対応の組み合わせは少ないですが、少しずつ拡充していく計画になっています。

 

そして、最後はもう一度私より、「ロードマップおよび新しいGUIツールSharePlex Client」と題して、最新のロードマップとこれからリリース予定の新GUIツールであるSharePlex Clientの内部α版を使用して、デモを交えたご説明を行いました。NDAがあるパートナー様限定セッションであるからこそですが、皆さんには興味深くお聞きいただけたかと思います。

セッション終了後は、参加者の方を交えて簡単な懇親会を実施させていただき、自己紹介コーナーをきっかけに、同業他社であるパートナー様同士の交流もされていました。今回は、会場の都合と内容により、パートナー様限定イベントとさせていただきましたが、今後は一般のオープンイベントも企画していきたいと思いますので、お楽しみに!

青木

Anonymous