ランサムウェアとはデータを暗号化したり、コンピュータをロックしたりして、データを使えないようにし、データ復旧させる代わりに身代金を要求するマルウェア(悪意のあるプログラム)のひとつです。ランサムウェアへの感染はビジネスに甚大な被害を及ぼしますが、バックアップをしっかりとっておくことで、被害を最小限にとどめられます。

ランサムウェアとは

ランサムウェアとはマルウェア(悪意のあるプログラム)の一種で、コンピュータに破壊的な影響を及ぼします。
ランサムウェアの具体的な被害の例としては、ファイルを暗号化した上で身代金を要求するものです。PCやサーバーがランサムウェアに感染すると、ランサムウェアは内部のファイルの多くを暗号化してしまい、PCやサーバーは機能できなくなってしまいます。さらに被害を受けたPCやサーバーに警告画面を表示し、一定時間内に身代金(ランサム:Ransom)を払わなければファイルを取り戻せないという強迫メッセージを出します。
ランサムウェアの攻撃経路としてはネットワークやUSBメモリなどの外部媒体が考えられ、メールの添付ファイルや悪意のあるものによって改ざんされたホームページの閲覧、USBメモリを介したランサムウェアの侵入などによって感染します。また一時猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」はワーム機能によって、ネットワークに接続されている別のPCやサーバーに自動的に感染します。
ランサムウェアに1度感染すると、暗号化されたファイルを元に戻すのはほぼ不可能だと考えて差し支えありません。業務が完全にストップしてしまうこともあり、ビジネスの継続を困難にするほどの威力を持っています。

ランサムウェア対策としてのバックアップ

インターネット上の脅威を完璧に防ぐことは非常に難しく、ランサムウェアへの感染が完全に回避できる保証はありません。よってランサムウェア対策や万が一被害を受けた場合の対応策にはデータバックアップが有効となります。
ランサムウェアはネットワークを経由して感染することもあるため、バックアップデータはPCやサーバーとは別の場所に保存しておくことが望ましいと考えられます。バックアップ先としては、ランサムウェア被害に遭うネットワークから完全に隔離できるバックアップサーバーやクラウドがベストです。バックアップデータは世代管理が可能です。よってランサムウェアの被害が確認された場合には、被害を受ける前に取得したバックアップデータからPCやサーバーにデータを戻すことで、ランサムウェアに感染する前の状態を復元できます。

バックアップによって生じるデメリット

ランサムウェア対策にはバックアップが有効だと解説しましたが、バックアップにはITリソースのコスト面でデメリットがあります。PCやサーバーの規模に応じたストレージが必要なため、ストレージのコストがかかってしまいます。またクラウドやバックアップ用サイトへの接続に低速なWAN回線を用いるとバックアップのためのトラフィックがかかり、帯域幅を圧迫します。また、バックアップ中は業務停止となることもあり、作業効率への影響も考えなければなりません。
その他に、システムごとに異なるバックアップ製品(ソフトウェア)を利用すると、管理がとても煩雑になるため、バックアップ運用の工数はビジネスの効率を悪化させます。
ランサムウェア対策としてバックアップを導入する場合、以上のデメリットを回避できるバックアップソリューションが望ましいことは言うまでもありません。

ランサムウェア対策に有効なバックアップソリューション

ランサムウェア対策には弊社のバックアップソリューションを提案いたします。

Rapid Recovery

まず弊社のデータ回復ソフトウェアRapid Recoveryは、物理・仮想・クラウドサービスなどの環境を問わず、データをバックアップ、リカバリできます。リカバリの際にはユーザーへの影響を最小限に抑え、RTORPOの厳しい要求にも応える製品です。

NetVault

NetVaultOffice365SQL ServerSAPOracleなどに対応したバックアップソリューションで、オンプレミス、クラウドサービスのアプリケーションとデータを保護します。別のクラウドやオブジェクトストレージ、オンプレミスのバックアップサーバーに対して統一したバックアップソリューションを提供し、バックアップ運用の工数増加を防ぎ、データ保護の信頼性と安全性を高めます。

QoreStor

QoreStorは、ストレージの節約を実現する圧縮および暗号化機能を内蔵し、バックアップデータを最大95%削減します。バックアップはQoreStorの可変長ブロック単位の重複排除技術によって分析され、変更された最小限の部分をバックアップデータとして保管することで効率良く、バックアップデータを削減します。NetVaultと連携させることで、バックアップデータ転送前に重複排除を行うことができ、バックアップデータの転送量を削減し帯域幅を抑えることができます。またソフトウェアソリューションとして提供されており、既存の使い慣れた環境にストレージを簡単に構築します。

ランサムウェア対策としてのバックアップソリューション

以上のソリューションにより、バックアップデータが最大95%削減されるだけでなく、ネットワークの帯域幅の要件を85%低減します。よってクラウドのオブジェクトストレージや別サイトへのデータバックアップに際して、必要なストレージ容量やトラフィックによる帯域幅の圧迫を最小限に抑え、コストを抑えたランサムウェア対策が可能となります。
またバックアップ運用においても、ビジネスで利用しているそれぞれのシステムに個別のバックアップソリューションを適用することは非効率でコストがかかります。弊社のソリューションはあらゆるアプリケーション、プラットフォームに対して、単一のバックアップソリューションで対応可能です。

まとめ

ランサムウェアはビジネスに致命的なダメージを与えるため、早急な対策が必要です。有効な対策手段としてはデータバックアップが考えられますが、ストレージの確保やトラフィックによる帯域幅の圧迫、バックアップ運用工数など、ランサムウェア対策としてのバックアップには懸念もあります。
このような懸念を払拭するバックアップソリューションが、弊社のRapid RecoveryNetVaultQoreStorです。可変長ブロック単位の重複排除技術によりバックアップに必要なストレージ容量を最大95%削減し、トラフィックも85%低減します。また物理・仮想・クラウドサービスといった環境を問わず、あらゆるアプリケーションに統一したバックアップ環境、ストレージを構築可能です。
弊社はストレージ確保の問題やバックアップ運用の煩雑さのため、ランサムウェア対策としてのデータバックアップに取り組めなかった企業さまに有益なソリューションを提供します。

 

本記事でご紹介した弊社製品の詳細はこちらから

NetVault

QoreStor

Rapid Recovery

お問合せはこちらから

Anonymous
Related Content