富士通、クエスト・ソフトウェア SharePlex販売及びサポートで協業拡大 ~Oracleとのレプリケーション先に富士通データベースを新たに追加~

富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)とクエスト・ソフトウェア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:瀧口昭彦、以下、クエスト・ソフトウェア)は、この度クエスト・ソフトウェアが持つデータベース管理ソフトウェアSharePlex(シェアプレックス)を、富士通が販売及びサポート提供することについて基本契約を締結し、同社を通じて2017年12月20日より販売及び出荷開始しております。

SharePlexは、稼働中のOracleデータベースをリアルタイムに複製することで、様々なビジネス課題を解決可能にする、高機能・高性能なデータベース・レプリケーション・ソフトウェアです。

SharePlexは、Oracleデータベース間の無停止移行、レポート用連携、災害対策に加えて、Oracleから異なるデータベースへの移行やシステム連携、クラウド対応にも活用でき、国内外を問わず既に数多くのお客様にご採用いただいております。

今回の契約により、これまでSharePlexがサポートしていた各種データベースに加え、富士通が持つ高信頼・高性能データベースであるFUJITSU Software Symfoware Server(以下、Symfoware Server)、FUJITSU Software Enterprise Postgres(以下、Enterprise Postgres)へのレプリケーションがサポートされます。 

富士通のコメントは、以下のとおりです。
「富士通は、このたびのクエスト・ソフトウェア様のSharePlexと、当社のSymfoware Server、Enterprise Postgresの連携を心から歓迎いたします。お客様のデジタル革新を実現するため、SharePlexの持つテクノロジーとPostgreSQLのもつ先進性を活かしたソリューションを積極的に展開いたします。今後も、クエスト・ソフトウェア様との連携を推進し、お客様のビジネスを支援してまいります。」

富士通株式会社
ミドルウェア事業本部 本部長
藤原 隆 様

Quest Software Inc.(キャサリーン オーウェン)のコメントは、以下の通りです。
「SharePlexは、Oracleデータベース・レプリケーション・ソフトウェアとして1999年に発売以来、お客様のニーズに答え、サポート対象データベースを増やすことにより日本国内はもちろんWorldwideで数千ものお客様にご利用いただいております。この度、富士通との販売及びサポート契約により、富士通データベースをSharePlexサポート対象ラインナップに加えられました。このことが、日本におけるより多くのお客様の課題を解決するソリューションとなるものと確信しております。」

Quest Software Inc.
Information Management Business Unit
President & GM
Kathleen Owens

クエスト・ソフトウェアについて
https://www.quest.com/jp-ja/
QUESTの目的は、お客様の直面する複雑な課題をシンプルなソリューションで解決することです。当社のビジョンは、効率と効果の両方を具現化・実現するテクノロジーを提供することです。当社の製品・ソリューションをご採用いただくことにより、お客様のIT管理にかかわる時間を短縮し、より多くの時間をビジネスの革新に費やすことが可能になります。

商標名称等に関する表示
© 2018 Quest Software, Inc. ALL RIGHTS RESERVED. Quest、SharePlex及びQuestのロゴは、Quest Software Inc.の商標及び登録商標です。Questの商標の一覧については、www.quest.com/legal/trademark-information.aspxを ご覧ください。その他すべての商標及び登録商標は各所有者に帰属します。 

この発表に関する問合せ先は、以下の通りです。
クエスト・ソフトウェア株式会社
マーケティング部 SharePlex製品担当
TEL:03-5908-3505
E-mail:QDL.Marketing.JP@quest.com

以上