ディザスタ・リカバリ用オプションBMR(VaultDR)を使用する

>>BMR (VautDR)とは

BMR (VautDR) は、NetVault Backupのディザスタ・リカバリ用のオプションです。
このオプションでイメージバックアップしておくと、
万が一、サーバに壊滅的な障害が発生した場合でも、迅速にそのOS環境を復旧することが可能です。

たとえばハードディスク障害などでOSが起動できない状態が発生した場合、
迅速に復旧するために、
まず正常な新品ハードディスクに交換したあと、NetVaultのVaultDR専用ブータブルCDで起動して、
イメージバックアップをリストアすれば、OSの再インストールや各種再設定をすることなく、
バックアップした状態に復旧することができます。

   

■動作イメージ

(1)BMR Live(Online) Windows/BMR Live(Online) Linuxオプションにより
WindowsマシンやLinuxマシンのOS稼働中にOSイメージをバックアップしておきます。

 

(2)障害発生!
ハードディスク故障、または何らかの障害でOSが起動できないような障害が発生したとします。

(3)たとえばハードディスク故障なら新品のハードディスクに交換するとか、障害の原因を取り除いてから、
NetVault専用ブータブルCD(VaultOS)で起動します。
ネットワークなどの設定を行い、NVBUサーバと通信できるようにして、NVBUサーバに保管されているOSイメージのバックアップを丸ごとリストアします

(4)ブータブルCDをイジェクトして再起動すれば、バックアップ時点の状態で元のOSが立ち上がります。

 


>>BMRの種類について

BMR (VaultDR)には以下の種類があります。

1. ネットワーク型BMR (VaultDR)

1-1. VaultDR Offline
1-2. VaultDR Live for Windows
1-3. VaultDR Live for Linux

2. ローカル型BMR (VaultDR)

2-1. BMR for NetVault Server/Client

 

どの製品を利用するか選択基準は、以下のフローチャートを参考にしてください。


>>BMR (VaultDR)専用ブータブルCDについて

BMR (VaultDR)のブータブルCDには以下の種類があります。

種類 作成方法 NDMP 用途
LinuxベースのVaultOS
(GigaOS)
ダウンロードサイトから
ISOイメージをダウンロード
TRUE

BMR Offline for NVBU Serverとしてローカルバックアップ,リストア
BMR Offline for NVBU Clientとしてリモートバックアップ,リストア

WindowsPEベースのVaultOS WindowsADKで作成 FALSE

BMR Offline for NVBU Clientとしてリモートバックアップ,リストア
BMR live(Online) Windowsのリストア

BMR live Linux専用ブータブルCD BMR live Linuxで生成 FALSE

BMR live(Online) Linuxのリストア

 

・LinuxベースのVaultOSは、Red Hat Enterprise LinuxをベースにカスタマイズしたQuest Software社のLinuxディストリビューションGigaOSに、NetVault Backup Server およびVaultDRデーモン(drdaemon)を組み込み、Linuxライブディストリビューションとして動作します。DVD起動をすると、まず最小限のLinuxデスクトップが起動したのち、NetVault Backup Server プロセスとVaultDRデーモンプロセスが起動します。

・LinuxベースのVaultOSは、NetVaultサーバとの通信にNDMPプロトコルを使用します。(NDMP=TRUE)
 その他のブータブルCDは、NDMPプロトコルを使用しません。(NDMP=FALSE)

・LinuxベースのVaultOSを使用する場合、バックアップデバイスとしては物理テープ装置またはVTLを使用します
 その他のブータブルCDを使用する場合、物理テープ装置、VTLに加え、DR重複アプライアンス(RDA)EMC Data Domain(DDBoost)も使用できます。


 
【奥付】
作成: 2018/1
対象バージョン: NetVault 11.4.x